2014年12月24日11時30分

ハイレゾの2015年を大予想 吐息だけの音源配信が始まる?

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 週刊アスキー1/6-13合併号 No1010(12月22日発売)の特集『2015年デジギア完全予想』では、PCにタブレット、スマホ、デジカメなどの未来を予想しています。

 今回はそのなかから2014年に市場がだいぶ広がった“ハイレゾ”についての予想を抜粋してご紹介します。

ハイレゾ予想

週アス予想:2014年のハイレゾブームはオーディオプレーヤーが中心だったが、2015年は公共のスピーカーなど幅広い施設でハイレゾが普及しているはず。その結果、駅のアナウンスや石焼き芋の車、固定電話などでも「いい声」が聞けるはず。また、ニコ生はユーザー配信の上限ビットレートが引き上げられ、高音質配信できるようになる、かもしれません。

 ちなみに週アスでは2014年のハイレゾブームは『ラブライブ!』をはじめとしたアニソンが大きく市場を牽引していたと考えます。園田海未ちゃん推しの編集部ハッチは音源を通して声優さんの息づかいまではっきりと「わかる」と語っており、そんなハッチの予想ではいずれ

声優さんの吐息だけ録音したハイレゾ音源の配信が始まる

という大変天才的な発想だったため、本誌では惜しくも小さなコラムになりました。それがこちら。

ハイレゾ予想

 この大胆な予想も、ハイレゾ音源でありのままの音が表現できるようになったからですね。デバイス側もPCはもとより、2014年はドコモのハイレゾスマホが大幅に増加したりと、身近なデバイスで聴けるようになりました。2015年もハイレゾ市場は大きくなるでしょう。音源の増加に期待が高まります。

週刊アスキー 週刊アスキー
Amazonで購入は表紙をクリック
Kindle版はこちらをクリック

週刊アスキーはNewsstandでも配信中!

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking