2014年12月21日08時30分

MacやiPadならiPhoneのテザリング機能をパスワードなしで使いまくれる

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 みなさん、おはようございます。いまは週刊アスキーの吉田でございます。さて、今回はiPhoneのテザリング機能を使ってMacやiPadをネットに接続する方法を紹介します。

 従来でもiPhoneでインターネット共有しておけば、MacやiPadからはWiFiアクセスポイントの1つとして認識され、これを選んでパスワードを入力すればネットにつなげました。最新のMac OSであるOS X YosemiteとiOS8の組み合わせではさらに簡単に接続できるようになっています。

 まずはMac側の設定を開いてみましょう。iPhoneでインターネット共有をオンにした状態でMacのメニューバーにあるWiFiのアイコンをクリックすると、通常のアクセスポイントの一覧の上にiPhoneが表示されるはずです。しかも、iPhoneの電波状態や接続している回線(3G/LTE)、バッテリーの減り具合まで確認できます。

Tethering

 あとは、このiPhoneの項目を選ぶだけ。パスワードの入力は不要で即ネットに繋がります。

Tethering

 iPadでも同様に、『設定』アプリの“Wi-Fi”でiPhoneを探せます。

Tethering

 ただし、条件があります。上記のようにパスワードなしでネットにつなぐには、MacやiPadに登録するApple IDをiPhoneと同一のものにする必要があります。Macでは、『システム環境設定』の“iCloud”の設定を確認しましょう。

Tethering

 街中のカフェなどWiFiの電波が飛びまくっているような場所で、すぐにネットにつなぎたいという場合に特に便利ですね。

※iOS8.1で検証しました。

週刊アスキー 週刊アスキー
Amazonで購入は表紙をクリック
Kindle版はこちらをクリック

週刊アスキーはNewsstandでも配信中!

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking