2014年11月25日20時30分

GoPro、ソニー、リコーで試す!最新アクションカムを大活用

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

続々登場!最新アクションカメラをチェック

gopro

↑毎秒15コマの4K動画が撮れるほか、静止画でも毎秒30コマの高速連写が可能。また、“ナイトフォト+ナイトラプス”機能を備え、夜間撮影に強くなっている。

 

ricoh

↑メタルフレームを配した頑丈ボディーが特徴的で、単体で防水・防塵・耐衝撃性能を備える。三脚穴も装備しているので純正のほか市販のマウンターも利用可能。

 

1006_kikuchi_sony

↑防滴設計で防水ケースなしでも使えるボディーは63グラムと超軽量。ウェアラブル使用時にストレスにならず、ポケットにも収納できる小型サイズが魅力だ。
 

実践!アクションカメラを身につけて岩壁撮影にチャレンジ!

●岩壁を登る!

1006actioncam_3

↑標高3842メートルのフランスアルプスの岩壁。岩に張りついて登っている豆粒のような人がいるが(上写真)、実際に登っているシーンを動画でも!
 

●宙ぶらりんで下山中

1006actioncam_2

↑谷川岳の岩壁を下降中(上写真)。宙ぶらりん映像をご覧あれ。

関連サイト
●タジマモーターコーポレーション(GoPro日本総代理店)
●リコーイメージング
●ソニー

週刊アスキー12/9号(No1006)では、特集『アクションカム全方位活用術』を掲載。アクションカメラで空撮したり、海中でダイビング撮影したり、ドライブレコーダー代わりに使ったり、アウトドアスポーツに使ったりなど、さまざまシーンでの撮影例を紹介しています。

週刊アスキー 週刊アスキー
Amazonで購入は表紙をクリック
Kindle版はこちらをクリック

週刊アスキーはNewsstandでも配信中!

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking