2014年11月08日13時00分

『カオスだもんね!』武蔵野うどん『めんこや』で“ごんぶと”うどんをワシワシと食ってきた!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

先日、カオスにゆかりのある懐かしい人物が連絡をくれました。

20141107saku


その懐かしい人とはライターの庄司信晴さん。庄司さんを覚えている人はカオス読者さんの中でもアイコン時代からご愛読していただいてる方じゃないでしょうか?

20141107saku


単行本でいえばPLUSになる前の『カオスだもんね!』の1~2巻に登場。そのころのカオスといえば風俗取材全盛で、庄司さんといっしょに新宿2丁目に行ったり、イメクラに行ったり、ストリップに行ったりと、かなりエロ系取材な日々でした。

20141107saku


あれからもう10年以上も経ったんですね~……。と、そんな庄司さんから久しぶりに取材のお誘いが。ちなみに現在は編集プロダクションの社長さんをしているようですが、その副業としてこのたびうどん屋をオープンしたとのこと。

20141107saku


そして、うどんと聞いて黙ってられない編集者がここにひとり。そう、地元四国でうどんを食いまくり、取材帰りにも隙あらば「丸亀製麺に行こうぜ!」と言い出す、アカザーさんです。アカザーさんがどうしてもその店うどんを食って「うるさいく言いたい」とのコトで、さっそく取材にGO!

20141107saku


ということでやって来たのがこちら。環七沿いにオープンしたばかりの手打ちうどん『めんこや 高円寺店』。

20141107saku


店中に入ると和風でオシャレな雰囲気が漂います。本当にここがあの庄司さんのお店!?という感じのスタイリッシュさです。

20141107saku


しかし、店に入るや「ミズちゃ~~~ん」という、あの懐かしい呼び声が。そう、この人が庄司さんです。髪型を含め、いい意味でも悪い意味でも当時とあまり変わっていません。

20141107saku


実は庄司さんはこのお店の前にも、同じ場所でおそば屋さんをやっていたそうなんですが……。

20141107saku


・・・・・・湿っぽい展開は割愛して、今回この店オープンに力を貸してくれた頼れる店長をご紹介。

20141107saku


元競輪選手という少々変わった経歴の持ち主ですが、そんなチャーリーさんが着目したうどんが“武蔵野うどん”。武蔵野うどんとは東京都武蔵野地区で古くから愛されてきた、つけ汁で食すうどんとのこと。

20141107saku

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking