2014年09月05日15時00分

湾曲液晶の34インチPC向けディスプレーはゲームでの没入感が高そう:IFA2014

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 LG エレクトロニクス(以下、LG)は、ドイツで9月5日(現地時間)より開催されるIFA 2014に先立ち、会場内ブースにて発表会を行ない、各種新製品をお披露目した。新製品の目玉は、ウェアラブルデバイスの新製品『LG G Watch R』だが、PC向け周辺機器にも目をひく新製品があったので詳しく紹介したい。

34UC97

34UC97

 LG製のPC向け液晶ディスプレーとして近年特徴的なのが、アスペクト比21:9のウルトラワイドディスプレーだ。すでに25インチ、29インチ、34インチと多くのラインアップがそろっているが、今回新たな製品が発表された。それが34UC97だ。

 サイズは34インチで、アスペクト比は従来同様21:9、表示解像度は3440×1440ドットと、液晶パネルのスペックは登場済みの34インチ製品と変わらない。しかし34UC97にはこれまでにない大きな特徴がある。

 それは液晶面が湾曲しているという点だ。LGは、大型の液晶テレビやOLEDテレビなどで画面が湾曲したモデルを発売しているが、今回ついにPC向け液晶ディスプレーも湾曲させてきた。PC向けの湾曲液晶ディスプレーはこれが世界初となる。

34UC97
↑上部から見るとよくわかるが、液晶面が大きく湾曲していることがわかる。
34UC97
↑横から見た状態。背面も大きく湾曲している。

 34AC97は、プロの映像クリエイターなどの優れた表示品質を追求するハイエンドユーザーをターゲットとした製品とのこと。実際にディスプレーの映像を目の前で見ると、大型の湾曲テレビのように、映像に包み込まれるかのような感覚となり、表示されている内容にかなり没頭できると感じた。

 sRGBカバー率は99%以上とされ、十分に優れた発色性能も備えている。パネルはIPS方式で、実際に中央付近から見ても、周辺部まで発色や明るさの変化を感じることはなかった。

34UC97
↑発色、コントラストともに申し分のない表示品質を確認。IPSパネル採用で、隅まで色合いの変化を感じることがないのもうれしい。

 また、展示機はカバーが付けられており、コネクターを確認できなかったが、34UC97は映像入力端子としてThunderbolt 2も備えるという。Mac用のディスプレーとしても問題なく活用できそうだ。


 スタンドは液晶面の角度調節のみが可能で、高さ調節や左右のスイーベルなどには非対応。スタンドそのもののデザイン性が高く、ボディーカラーにシルバーを採用するなど、PC用の液晶ディスプレーとしてはかなりお洒落に感じる。

34UC97
↑スタンドは液晶面のチルト角調節のみと機能は弱いが、デザイン性は優れる。入力端子は確認できなかったが、Thunderbolt 2にも対応するとのこと。
34UC97
↑最も上まで液晶面の角度を調節した状態。

 エンターテインメント向けとしての位置付けもあり、液晶下部には7W+7Wと、液晶ディスプレー内蔵タイプとしては大出力なステレオスピーカーを搭載。会場は周りの音がうるさく、音質を確認するには最悪の環境だったが、その中でもまずまずの音質で鳴っていると感じた。とことんまで音質を追求しない状況であれば、十分に活躍してくれそうだ。

34UC97
↑ステレオスピーカーは液晶下部の底面側に搭載。うるさい環境でもしっかりとした音が聞こえた。
34UC97
↑液晶下部中央には、OSD操作用のジョイスティックを搭載し、直感的なOSD操作が可能。

34UC87

34UC87

 会場では湾曲液晶ディスプレー新モデルとして『34UC87』という製品も展示されていた。液晶パネルの仕様は34UC97と同様で、サイズが34インチ、表示解像度は3440×1440ドットとなる。

 また、発色性能はsRGBカバー率99%以上、7W+7Wのステレオスピーカーを搭載する点なども同じで、基本的な仕様はほぼ同等と考えられる。

 ただし、34UC87はビジネス用途をメインターゲットとして位置付けられており、カラーはブラックで見た目の印象も一般的なビジネス向け液晶ディスプレーに近いように感じた。

34UC87
↑上から見ると、やはり液晶面の湾曲がよくわかる。
34UC87
↑側面から見た状態。本体のカラーはともかく、形状は34UC97にかなり近い。
34UC87
↑液晶面下部に7W+7Wのステレオスピーカーを備える点も443AC97と同じだ。
34UC87
↑OSD操作用のジョイスティックもしっかり搭載している。

 スタンドは形状こそ一般的なものだが、液晶面のチルト角調節に加えて、高さ調節が可能となっており、34UC97よりは高機能なスタンドとなっている。また、こちらも入力端子としてThunderbolt 2に対応。実際に背面のコネクタにThunderbolt 2コネクターが2個用意されているのを確認した。

34UC87
↑スタンドはチルト角度の調節に加えて高さ調節にも対応。
34UC87
↑背面コネクターにThunderbolt 2コネクターが2個用意されていることを確認。USB 3.0ハブ機能も備える。

 これら2製品の発売時期や価格についての情報は、現時点では未定。追加で情報が得られた段階で更新したい。

●関連サイト
LG エレクトロニクス

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking