2014年08月26日12時30分

10インチタブをアダプター込みの総重量と駆動時間で徹底比較!ベンチもあり

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 スマホをポチポチしてチマチマSNSを楽しむのもいいですが、動画やPCサイト、電子書籍の閲覧には、やはり10インチクラスのタブレットが最適。特にPCサイト閲覧はめんどうなピンチイン&ピンチアウトのダルい操作がなくなり、さらに動画視聴は大迫力と文句がありません。

 とはいえ、10インチクラスで気になるのはやはりそのサイズの大きさ。特にカバンに入れてACアダプター一式と持ち歩くにはなかなかの勇気がいりそうな気がします。

 そこで、各社の10インチクラスのタブレットのACアダプター込みの重量を計測してみました。

【486グラム】Xperia Z2 Tablet
20140826teninch
【530グラム】GALAXY Tab S
20140826teninch
【566グラム】iPad Air
20140826teninch
【622グラム】dynabook Tab S50/36M
20140826teninch
【670グラム】ASUS Pad TF303CL
20140826teninch
【718グラム】YOGA TABLET 10 HD+
20140826teninch
【772グラム】LaVie Tab W TW710/S2S
20140826teninch
【774グラム】Endeavor TB20S
20140826teninch

 ダントツで軽いのは、超薄型防水防じんのXperia Z2 Tablet。ACアダプターは付属しないので専用クレードルセットの重量です。ただし、市販のUSB ACアダプターを別途購入していっしょに持ち歩いても2位のGALAXY Tab S 10.5よりは軽いですね。

 重量を先に見てしまうと、タブレットは700グラムを超えるとどうしても「少し重いな」と感じてしまいます。身軽さを求めるなら600グラム切りの製品を選びたいですね!

「自分は重いACなんて持ち歩かない!」というタフなユーザーのために、動画を連続で観賞したときのバッテリー駆動時間も計測してみました。YOGA TABLETが何かのミスではないかと感じるほど超長時間駆動。駆動時間が11時間を超える製品ならACは持ち歩かなくてもいいかもしれませんね。

バッテリー駆動時間(画面輝度50%)
20140826teninch

 本日発売の週刊アスキー9/9号の特集『10インチタブレット8機種全方位比較』では、iOS、Android、Windows8.1タブレット全8機種の性能、使い勝手を隅から隅までチェックしております。どのOSのタブレットがオススメかもバッチリわかる内容になっていますので、是非手にとってごらんくださいね。

 そうそう、週刊アスキーには電子版もございます。コチラをご覧ください。Newsstand(iOS)の定期購読にお申し込みいただくと、本誌発売日の朝までに自動配信されます(設定をご確認ください)。Newsstand版の価格は以下をご参照ください(最短1ヵ月からの定期購読となります)。Android端末を利用されいる方、単号販売をご希望の方にはKindle版BOOK☆WALKER版、Kobo版、Reader Store版もご用意しております。ぜひ、ご利用ください。

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

<<Newsstand版の価格>>
1ヵ月:1400円
3ヵ月:4000円
6ヵ月:7400円
12ヵ月:1万2800円

●週刊アスキーのNewsstand版へのリンクはコチラ→(関連サイト:App Store

Kindle版の紹介記事
BOOK☆WALKER版の紹介記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking