2014年09月04日10時00分

SNSで拡散して多くの人に知ってもらおう|いまどきWEB 03

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

いまどきSNSボタンがないなんて

 こんにちは。ライターの松下です。10年ほど放置していた会社のホームページをリニューアルしていくWeb企画の3回目です。BiNDクラウドは初年度無料、2年目からも月480円でつくれるオンラインサービス。手軽にチャレンジできるのが魅力です。前回はBiNDクラウドのテンプレートをもとに1ページのランディングページをつくりました。

前回のお話はこちらをご覧ください。

 さて今回は、SNSとの連携のお話です。前回までで、一応の企業サイトらしい形にはなりましたが、まだ名刺程度の情報です。今後も定期的に更新しなければ、今も稼働している会社なのか、忙しいのか、休業中なのか、廃業したのかわかりません。

 私の場合、今は盛り上がって更新する気満々でいても、実際ほかの仕事で忙しくなったら、更新し続ける自信がありません。そもそも、大々的に告知しづらい下請けや裏方作業の場合、リリースを定期的にアップすること自体が難しいこともあります。

 そこで、SNSとの連携です! 忙しくても、忙しいからこそ、移動時間に空いた時間に、つい見て書きこんじゃうのが、ツイッターやFacebook。

 BiNDクラウドには、外部の各種SNSと連携できるウェブサービス『SYNC for WebLiFE』が利用でき、“ツイート”ボタンや“いいね!”ボタン、タイムラインの表示もカンタン。さっそくやってみましょう。

ブロックを追加してレイアウトをカスタマイズ

 まずはツイッターの“ツイート”ボタン、Facebookの“いいね!”ボタン、Google+の“+1”ボタンを追加します。これらは、サイトに訪れた相手が、彼らの友人・知人にサイトを紹介してくれる素敵なボタンです。自分はツイッターやFacebookをやっていなくても相手が拡散してくれるので、これだけは設置しておくべきです。

 これらのシェアボタンは、ビルボードの下に一列に並べて置くことにします。まずは、SNSパーツのブロックを追加するための新しいエリアをつくります。

いまどきWEB第3回
ビルボードのエリアを選択して“追加”ボタンをクリックすると、新しいエリアが追加される。

 スマートモードでは、追加されたエリアの“編集”ボタンをクリックすると、ブロックテンプレートが一覧表示されます。“SOCIAL”を選ぶと、各種SNSパーツがずらりと並んでいるので、“いいね!ボタン”を選択するだけ。もうこれで設置完了です。アイコン画像の準備や、リンクのコードを編集する必要がありません。

いまどきWEB第3回
ブロックテンプレートの“SOCIAL”には、いいね!ボタンのほか、Facebookの“Like box”などのパーツがそろう。
いまどきWEB第3回
ビルボードの下に“ツイート”、“いいね!”、“+1”ボタンが設置された(赤い線で囲んだ部分)。

ツイッターのタイムラインで最新動向をたれ流そう

 続いて、最新情報を発信するため、ツイッターのタイムラインを表示することにしました。
自分の個人アカウントを使ってもいいのですが、プライベートな話題が多くなるので、公式のアカウントを新たに作りました。Facebookページもこれを機に新設。企業ページは有料だとばかり思い込んでいたのですが、広告を入れなければ、すぐに無料でつくれるのですね。

さて、ツイッターのタイムラインは、縦長のパーツなので、メインコンテンツの右側に配置したいです。そこで、レイアウトメニューからサイドエリア付きのレイアウトに変更しました。

いまどきWEB第3回
レイアウトメニューからエリアの配置が変更できる。レイアウトを変更しても、既存のブロックの内容は消えることはないので、安心してレイアウトを試せる。
いまどきWEB第3回 いまどきWEB第3回

“サイドA”エリアが追加された。ここにタイムラインのパーツを設置する。

SYNCでツイッターと連携する

 タイムラインを設置するには、ツイッターアカウントの設定やアプリ認証が必要です。これらは『SYNC for WebLiFE』で設定します。SNSアカウントの設定やアプリ認証のほか、パーツの配色も選択できます。ステップ形式になっており、画面の指示に従って質問に答えていくだけ。設定項目がどこにあるのか迷うことなく、もれなくデザインやサイズまで設定できるのがいいですね。

いまどきWEB第3回 いまどきWEB第3回

ツイッターアカウントを入力して、連携機能を認証を承認。

いまどきWEB第3回 いまどきWEB第3回

パーツの配色と、スクロールバーの有無、表示するツイートの数などを設定。

 これで設置完了です。作業時間はここまで実質10分程度と、とてもカンタン。つくったばかりのアカウントなのでつぶやきは少ないながらも、タイムラインがあるだけで動的な印象です。“ツイート”や“いいね!”の数が増えるように、更新にも意欲がわきそう。ツイッターからの反応や新たなつながりも期待できます。

Before After
いまどきWEB第3回 いまどきWEB第3回

以前のページ(左)と完成したページ(右)。“いいね!”ボタンやタイムラインの設置で、ページに動きがでました。

正規サービスがスタート! モバイルサイトがつくりたい

 現在のページは、スマホのブラウザーで見ると、文字が小さくて少々読みづらいです。BiNDにはモバイル用のテンプレートがありますが、エントリーコースで一度に作成できるのは、1サイトのみ。8月19日からBiNDクラウドの正規サービスが始まったばかり。プロコースなら、サイトは無制限につくれるし、独自ドメインも使えます。次回からはプロコースにアップグレードして、いよいよ本格運用です! お楽しみに!!

いまどきWEB第3回
こちらがiPhoneで見たサイト。PC用とモバイル用とで見え方が変わるといいですよね。

※サンプルサイトはこちらで見ることができます。

いまどきWEB 松下 典子(編集者、ライター)
パソコン雑誌編集者をへて、2000年に有限会社オフィス加減を設立。おもにIT関連書籍・雑誌の企画・編集・ライターとして、週刊アスキーなどで活動中。

 

提供:デジタルステージ

■関連サイト
BiND Cloud
BiNDブログ

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking