2014年08月24日14時00分

ピコピコ音から始まるゲーム・ミュージックの進化『ゲーム音楽史』他【今週の新刊】

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 発売されたばかりの気になる書籍をご紹介。今週は『ジブリの世界を創る』、『「無」の科学』、『ゲーム音楽史』の3冊です。

 

ジブリの世界を創る
著 種田陽平
角川oneテーマ21
864円

『スワロウテイル』、『ザ・マジックアワー』などの映画美術を手がけた種田陽平が、『思い出のマーニー』で初めてアニメの美術監督を担当。舞台となった湿っ地屋敷制作の裏側を語る。

 

「無」の科学
編 ジェレミー・ウェッブ
SBクリエイティブ
1728円

 宇宙の誕生と死、0の歴史、真空と絶対零度など、“無”にまつわる科学を取り上げたエッセイ集。イギリスの科学雑誌『ニュー・サイエンティスト』の記事25編を収録。

 

ゲーム音楽史
著 岩崎祐之助
リットーミュージック
2160円

 ピコピコ音から始まり、厳しい技術的制約のもとで生まれた『ドラクエ』や『スーパーマリオ』の音楽。音楽制作の進化に焦点をあて、ゲーム・ミュージックの歴史をたどる。

 

※本記事は週刊アスキー9/2合併号(8月18日発売)の記事を転載したものです。

Kindle版はこちら
週刊アスキー 週刊アスキー
Amazonで購入は表紙をクリック
Kindle版はこちらの表紙をクリック

週刊アスキーはNewsstandでも配信中!
Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking