2014年08月11日19時00分

iPhoneの「App Store」にある「ウィッシュリスト」の使い方

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 iPhoneの「App Store」を起動すると、右上にアイコンがあり、タップすると「ウィッシュリスト」という項目が表示されます。初期状態では何も入っていないので、どんな機能なのかわからないといった人も多いでしょう。これは、気になるアプリを「とりあえずストック」しておける場所です。ブックマークのようなものと考えるとわかりやすいと思います。

 アプリの中には、気になるけれど、もう少し評判を見てから購入したい、セールのときい購入したい──といったものもあります。それらをウィッシュリストに入れておけば、いざ購入しようと思ったときに、あらためて検索する必要がありません。右上のメニューから即座に呼び出せるのです。

 ウィッシュリストへの登録方法は、購入したいアプリを表示したら、右上にある共有ボタンをタップ。現れた画面で[ウィッシュリストに追加]を選びましょう。「ウィッシュリスト」を開くと、登録されているはずです。なお、無料のアプリはウィッシュリストに登録できません。

1:アプリを開く 2:リストに追加
20140814_arai_wishlist 20140814_arai_wishlist
「App Store」を起動して、気になるアプリを開きます。右上の共有ボタンをタップしましょう 現れた画面で[ウィッシュリストに追加]ボタンをタップします。有料のアプリのみ表示されます
3:リストを確認 4:リストの呼び出し
20140814_arai_wishlist 20140814_arai_wishlist
「ウィッシュリスト」を開くと、先ほど追加したアプリが登録されています。ここからすぐに購入できます 「ウィッシュリスト」は、「App Store」のあらゆる画面から呼び出せます。右上のアイコンをタップしましょう

 また、ここで紹介している「ウィッシュリスト」以外にも、iPhoneに関するさまざまな活用のTipsを集めた「iPhone 活用の手引き iPhone 5s/5c対応 iOS 7版」が発売中です。メールや電話の知られざる便利機能から、カメラの撮影術、iPhoneの安全対策、トラブルの解決法までを288ページに凝縮。ポケットサイズなので、いつでもどこへでもiPhoneといっしょに持ち運べます。これからiPhoneを使う人も、もっと使いこなしたいという人も、是非お買い求めください。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking