2014年08月03日19時30分

新VivoPCにSTRIX、車載カメラまで!ASUSの新製品展示イベントレポ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
20140803_asus

 8月2日秋葉原UDXにて、ASUSがPCパーツや周辺機器を中心の展示イベント“ASUS Open Gallery 2014 Summer”を開催した。先の記事では、4×4の無線LANルーターについて取り上げたが、ほかにも挑戦的な新製品があったので紹介したい。

 会場入口からすぐのところには、R.O.G.シリーズのマザーボードを多数展示していた。おもに、日本では未発表の3製品に注目が集まった。
 

20140803_asus

↑『CROSSBLADE RANGER』はソケットFM2+、メモリーがDDR3-3300×4(最大32GB)に対応。拡張スロットはPCI-E3.0/2.0×16が2基、PCI-E2.0×16、PCI-E2.0×1を2基装備。インターフェースはHDMI、DVI-D、D-Sub15ピン、USB3.0×6、USB2.0 ×8。
 

20140803_asus

↑『MAXIMUS VII IMPACT』はLGA1150、メモリーがDDR3-3300×2(最大16GB )に対応。拡張スロットはPCI-E3.0/.2.0×16、PCI-E2.0 Mini Cardを装備。インターフェースはDisplayPort、HDMI、USB3.0×6、USB2.0×6。M.2を1基搭載。
 

20140803_asus

↑『MAXIMUS VII FORMULA』はLGA1150、メモリーがDDR3-3300×4(最大32GB)に対応。拡張スロットはPCI-E3.0/2.0×16が2基、PCI-E2.0×16、PCI-E2.0×1を3基装備。インターフェースはDisplayPort、HDMI、USB3.0×8、USB2.0×6。M.2を1基搭載。
 

20140803_asus

 さらに、マザーボードブースでは車型のユニークなPCケースもあった。
 

20140803_asus

↑前面にはR.O.G.シリーズのグラボが備えられている。
 

20140803_asus

↑背面には電源ユニットを装備。この車型ケースが本当に走り出したら電源ユニットだけが取り残されそう。

 さらに、ライトゲーマー向けに新しく発足されたASUSのゲーミングブランド『STRIX』のブースも用意されていた。
 

20140803_asus

↑グラボの新製品展示はなかったが、すでに海外発表済みのヘッドセット『STRIX PRO』が展示されていた。見ての通り、イヤーパッドが回転し2ヵ所とも内側に回転させると、STRIXのモチーフと同じフクロウの顔となる。
 

20140803_asus
20140803_asus

 そして、このイベントで驚いたのは新しい事業として、ASUSがドライブレコーダーを展開するということだ。天井からの吊り下げタイプのカメラ『FalconView LIVE』、カメラレンズに似た小型カメラ『FalconView PRO』を新製品として展示されていた。

『FalconView PRO』の撮像素子には、ソニー製のCMOSが採用されており、レンズ性能は絞りがF1.8、画角150度、対応メディアはSDXCカード(最大64GB)。通信機能としてはIEEE802.11b/g/nに対応。スマホと専用アプリで接続して、動画の確認や録画操作が可能とのこと。両機種とも発売日などは未定だ。

20140803_asus

 ASUSの小型ベアボーン『VivoPC』がHaswell Refresh対応となって登場。最大の特徴と言えるのは、前モデルでは3.5インチのHDDが内蔵可能だったのに対して、本機は2.5インチのストレージを最大2基まで内蔵できる。もちろん、RAID構成にも対応している。
 

20140803_asus
20140803_asus

↑ストレージを収納するケース。接続端子は上下に用意されている。

 と、発売が待ち遠しい製品ばかりで、これからのASUSにも期待が高まった1日だった。

■関連サイト
ASUS

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking