2014年08月02日10時00分

咳が残る夏風邪にも効く!? 「そばはちみつ(蜂蜜)」ってどんな味だろう

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 はちみつと言えば、黄色くて甘くておいしいイメージがあります。完全に「くまのプーさん」のイメージですね。でも、実際ははちみつにはたくさんの種類があり、それぞれ風味や甘みが異なります。万能薬にもなる「マヌカハニー」のように、殺菌力の高いものもあります。

 そんなはちみつの中でも、異色の存在として注目されているのが「そばはちみつ」です。そばの花から採れるはちみつで、鉄分やミネラルが多いのだとか。咳止めになる、喉にいい、といった効能があるようで、口コミでジワジワ人気が拡散されています。一方で、クセがある、香りがきつい、といった特徴もあるようで、どんな味なのだろう? と気になっていました。そんな中、8月3日の「はちみつの日」に向けて、実際に食べてみることにしました。

簡潔に表すとすれば、その味は"金魚"

 そばはちみつは、はちみつ専門店などで購入できます。今回は「西村はちみつ」さんで購入し、実食してみます。フタを空けて色と香りを見てみます。

20140803_arai_sobahoney 20140803_arai_sobahoney
醤油のような黒さ。香りは驚くほどきついです。犬好きの私は克服できますが……という感じです トロッとした感じではなく、固形に近い状態で黒砂糖っぽいです。ザラっとしています

 見た目と香りは驚きましたが、食べてみると甘さの中にほんのりと苦みがあり、大人の味です。とても濃厚でコクがあるので、何かに混ぜて食べるとよさそう。実際、スパイスの効いた肉料理や濃い味付けの煮込みなどの隠し味に使われるのだそうです。カレーに入れるといったレシピもありました。

 ただ、クセのあるあと味が残ります。味としてははちみつなのですが、もっと的確に表現するとすれば、いまの季節っぽく「金魚」ですね。もちろん、金魚を食べたことはありませんが、雰囲気はとらえていると思います。

 そんなそばはちみつですが、とってもおすすめの食べ方を見つけました。それは、ホットミルクに溶かして食べる──というもの。コクと苦みがあるので、ちょっとミルクティーっぽくなります。咳止め効果もあるそうなので、夜咳が止まらないときなど、ホットミルクに混ぜて、飲んでみるといいかもしれません。

 こんなはちみつがあるのか!? と、奥深さを感じました。興味のある方は、ぜひ手に入れてみてください。まずは少量にして様子を見るといいでしょう。ただし、そばアレルギーの人は、接種してはいけません!!

20140803_arai_sobahoney

■関連サイト
西村はちみつ

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking