2014年07月17日17時30分

舐めると光る懐中電灯やダンボール製のトイレを備えよう!! オフィス防災EXPOレポート

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 第8回オフィス防災EXPOが7月16日から18日の3日間、東京ビックサイトで開催中です。オフィス防災EXPOには災害対策用の技術や工夫がこらされた製品やシステムが多数展示されていました。中でも目を引いたのはこんなアイテム。

舐めるだけで点灯する消しゴムサイズの懐中電灯

オフィス防災EXPOレポート

『みずほたる』
●グンエイ
●680円(税別)

 『みずほたる』は電池不要、水分だけで発光するLED搭載の小型懐中電灯。

オフィス防災EXPOレポート
『みずほたる』は消しゴムサイズです。

 秘密はLED電球にあります。わずか0.5ミリリットルという水分量でも点灯し、5日間以上光が継続します。光が弱まったら、再度水をつけることで繰り返し使用することができます。

オフィス防災EXPOレポート
『みずほたる』のLED。

 会場では実際に、口の中にペロッと含めて『みずほたる』を点灯させるデモが行なわれました。

オフィス防災EXPOレポート
『みずほたる』は一瞬口に含めれば、唾液の水分でLEDが点灯します。

 光の強さは20ルーメン以下程度ですが、光源がない被災地で足元を照らしたり、誘導灯として活用できます。非常時にエネルギー源がないという事態に備えられます。

ダンボール製のトイレ!?

オフィス防災EXPOレポート

『Mzコンパクトトイレ 組立トイレ(プライバシーポンチョ付き)』
●香彩堂
●参考価格4104円

 『Mzコンパクトトイレ 組立トイレ』はダンボールで組み立て式の簡易便座。処理袋や処理材などもセットです。 

オフィス防災EXPOレポート
ダンボールを組み立てて便座にします。

 薄く見えるダンボールですが、耐水性で頑丈です。

オフィス防災EXPOレポート
耐水性の頑丈なダンボール板。

 ポンチョもセットで用を足すときのプライバシーにも配慮。子供用の便座カバーも付属しています。

オフィス防災EXPOレポート オフィス防災EXPOレポート

 頑丈なので大人が乗っても問題はありませんよ!

オフィス防災EXPOレポート
大人が乗っても大丈夫。

 災害時でも、用はやはり便座で腰掛けて済ましたいもの。ダンボール製なので軽くて持ち出しも可能な簡易トイレ。ニーズが高まりそうな予感がします。近々販売開始予定とのこと。

防水防塵の堅牢無線機

オフィス防災EXPOレポート

『SmaTalkⅡ』
●城山
●18万円前後

 ドコモの電波網を利用したIP無線機『SmaTalkⅡ』は、最高クラスであるIP68の防水、防塵性能を備えた、堅牢モデル。
 展示会場では、実際に水に濡れた状態で展示され、防水性能をアピールしていました。災害時に屋外で使用するときも水害による無線機の故障のおそれが少なく安心です。

オフィス防災EXPOレポート
水に濡れた状態で展示されていた防水、防塵の『SmaTalkⅡ』。
オフィス防災EXPOレポート milestone

 ゴツゴツした厚みのある端末は丈夫そうでグリップ感がばっちり。京セラのタフネススマートフォン『TORQUE』を連想させます。『SmaTalkⅡ』はIP無線機なので、無線機同士複数台の同時通信といった用途がメイン。ドコモの電波網を利用するので、例えば北海道、沖縄、名古屋の3箇所で同時に通信することも可能です。

オフィス防災EXPOレポート

 防災EXPOのレポートいかがだったでしょうか。
 備えあれば憂いなし。災害のためのアイテムは今後も注目です。なお、第8回オフィス防災EXPOは業界関係者のための商談店なので一般の方は入場できませんのでご注意ください。

関連サイト
第8回オフィス防災EXPO

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking