2014年06月26日04時00分

次期Andoid“L”はデザイン一新で64ビット対応やARTランタイム採用:Google I/O 2014

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 Googleは開発者向けイベント『Google I/O 2014』において、Androidの次期バージョンとなる“L”の開発者向けプレビューを公開しました。

Android L

 最もわかりやすい変更点は、新デザインコンセプト“Material Design”を採用しUI/UXを一新させているところです。

Android L

 紙やペンから発想を得たというMaterial Designは、どんな画面サイズ、媒体(アプリやウェブ)でも統一したテーマと操作性を提供します。

Android L

 たとえばGmailアプリに関しては、タイトルバーがGmailのテーマカラーの赤になり、アイコンが丸形に表示されたり、全体的な字間・行間が調整されています。

Android L
Android L Android L
Android L Android L

 なお、このMaterial Designに関しては、前述のとおりLに限らずウェブページなどさまざまなGoogleサービスに適用されます。ガイドラインは特設サイトですでに公開されています。

Android L

 またLはランタイムがAndroid4.4(KitKat)のNexusシリーズで試験搭載されていた“ART”を正式採用。現ランタイムである“Dalvik”に比べパフォーマンスが向上するとしています。なお、ARTランタイムはARM、x86、MIPSをネイティブで対応しています。

Android L

 さらに64ビット対応も正式発表。

Android L

 さらにLには端末の消費電力削減に取り組む“Project Volta”も反映。使用履歴の最適化や専用APIを提供し、機能としては省エネ機能を手動ONか電池残量による自動起動を選べる“Battery saver”が実装されます。

Android L
Android L

 なお、今回のAndroidのコードネームはまだ“L”としか呼ばれておらず、Android5.0のことなのか、Lは仮称で今までどおりお菓子の名前がつくのか、それともバージョン表記もお菓子もやめて“L”で通すのか、など詳細はアナウンスされていません。

2014年6月26日 14時26分追記:“Battery saver”のスペルが間違っておりました、お詫びして訂正いたします。

●関連サイト
Google I/O 特設イベントページ(英語)

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking