2014年06月18日16時00分

ソニー 4Kハンディカムとアクションカムのアップデートを実施

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 ソニーは販売中の4Kハンディカム『FDR-AX100』、アクションカム『HDR-AS100V』、『HDR-AS30V』に対するアップデートを行うことを発表した。

 『FDR-AX100』は今回のアップデートで、XAVC S形式の録画ファイルを外付けHDDへダイレクトコピーできるようになる。これまでパソコンを経由していた作業を省くことができる。また、被写体への合焦精度、人物へのフォーカス追随の2点が向上される他、録画時のズームスピードも向上。撮影時のシャッタースピード設定値には「1/50」が追加される。

ソニー 4Kハンディカムとアクションカムのアップデートを実施

 『HDR-AS100V』は、Ustreamへのライブストリーミングに対応。事前にアカウントを設定しておき、屋外ではスマホのテザリングを利用して配信が可能になる。その他、10枚の連続写真を1枚に合成する『モーションショットLE』、静止画の高速連写設定、セルフタイマーが追加される。

 『HDR-AS30V』は、マルチカメラコントロールが可能に。付属のライブビューリモコンに、『HDR-AS100V』、『HDR-AS30V』が混在していても同時接続ができるようになる。

ソニー 4Kハンディカムとアクションカムのアップデートを実施

 いずれのアップデートもソニーのホームページからダウンロードが可能。

■関連記事

ソニー 本体アップデート情報一覧

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking