2014年06月19日13時00分

約8000円のNFC同期が可能なライフログデバイス『ムーヴバンド2』

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 先週発売が開始されたドコモの『ムーヴバンド2』を、さっそく使ってみました。

『ムーヴバンド2』

 『ムーヴバンド2』は装着しているだけで歩く寝るなどの情報を採取して、スマホアプリと連携するライフログリストバンド。価格は7992円とお値ごろ。iPhone、Android両方に対応します。前モデル『ムーヴバンド』の進化版なので当然ではありますが、使い勝手や装着感が大いに向上していました。レポートしていきます。

■装着感が軽くなった『ムーヴバンド2』

『ムーヴバンド2』

 『ムーヴバンド2』は側面から見るとデバイスの中央部分が盛り上がる感じです。中央部が本体になっていて厚みは11ミリほど。ベルト部分はう……、うすい。柔らかいゴム素材なので、手首に優しくフィット。装着感が軽く、1日中着けっぱなしでもちっとも煩わしくなりません。

 重量は前モデル『ムーヴバンド』が22グラム、『ムーヴバンド2』が17グラムと、5グラムの軽減。数グラムのわずかな差ではありますが、装着すると確かに「軽いな」と実感できました。

■サイズの調整がラクチン

『ムーヴバンド2』

 『ムーヴバンド2』は『ムーヴバンド』と同様にワンサイズ。『ムーヴバンド』はあとから調整もできますが、金具でサイズを固定して使用します。一方、『ムーヴバンド2』は腕時計のように装着時にサイズを調整できます。

『ムーヴバンド2』 『ムーヴバンド2』

 ベルト穴に留め具をパチンするだけ。むくみや汗でリストバンドをゆるめたいというときにも、素早くサイズを変えられます。ここまでサイズ調整がラクなのは、ライフログ系のリストバンドの中でも数少ないです。

■ボタンが押しやすい

『ムーヴバンド2』

 『ムーヴバンド2』のボタンは本体の側面にあります。前モデル『ムーヴバンド』で本体の表面に設置されたボタンは、沈みが浅いために力の入れ具合がわからず、個人的な感想ですがやや押しづらかったです。それに比べ、『ムーヴバンド2』はボタンの沈みがわかるつくりなので、プッシュしやすくなったと思います。ボタンを長押しで活動時と睡眠時のモード切り替え、短く押すと現在のモードを確認できます。

『ムーヴバンド2』

 白い光が活動モード。歩数や移動距離、消費カロリーなどを計測します。

『ムーヴバンド2』

 青い光が睡眠時のモード。寝る前にはボタンの長押しでこちらのモードに切り変えておけば、睡眠時の状態を記録できます。起床時には再度ボタンを長押しして活動モードに戻す必要があります。

■充電アダプターがユニーク

『ムーヴバンド2』

 付属のクリップのカタチのものが専用の充電アダプターになります。給電はUSB。

『ムーヴバンド2』

 本体裏に充電用端子があるので、充電のときにはUSBに接続したアダプターを噛み合わせます。

『ムーヴバンド2』

 しっかり噛んでくれるので、少し動かしても充電端子とアダプターの接続が解かれることはありません。「端子がいつの間にかずれていて充電しそびた」という事態を防げます。洗濯バサミのようにユニークなカタチでかつ機能的です。

■AndroidはNFCで同期

『ムーヴバンド2』

 対応するアプリは『WM(わたしムーヴ)アプリ』。こちらはドコモの月額サービスとも連携しますが、すべてのキャリアで利用できます。ドコモ以外のキャリアの人も安心してください。『ムーヴバンド2』のデータをスマホに転送するとアプリ上で確認できます。

 画面はホーム画面。“Move”という独自の単位で活動量を計測し、目標への達成率を示しています。
 

『ムーヴバンド2』

 Androidの場合NFCで通信します。これは前モデル『ムーヴバンド』にはなかった機能。

『ムーヴバンド2』

 スマホのFeliCaマークあたりに『ムーヴバンド2』の本体部分をくっつけます。

『ムーヴバンド2』 『ムーヴバンド2』

 アプリで“データ転送”ボタンを押してから、『ムーヴバンド2』でスマホにタッチするだけで同期できます。とても手軽!ライフログ系のリストバンドでNFC対応は珍しいので、Androidユーザーにはイチオシのポイントです。

 iPhoneの場合、Bluetooth Low Energyに利用して非接触で通信します。活動モード時にボタンを短く押すと『ムーヴバンド2』のLEDが点滅し、それだけで同期が開始されます。『ムーヴバンド2』とスマホが数10センチほど離れていても、スムーズに同期できます。

■8000円でライフログの標準機能を網羅

 さらにポイントとなるのはやはり価格。ライフログリストバンドは1万円を下回るものは珍しく、約8000円というお手ごろ価格でありながら、ライフログの標準的な機能である、歩数や消費カロリー、睡眠状態のログをとれるのはなかなかおいしいです。

 『ムーヴバンド2』は7992円。実は前モデル『ムーヴバンド』は7149円とさらに手ごろになるのですが、前述しているように『ムーヴバンド2』はNFCなど『ムーヴバンド』にはない機能を備えています。

『ムーヴバンド2』

 こちら睡眠のログ画面。浅い眠りの状態が水色、深い眠りの状態が青色で記録されています。

『ムーヴバンド2』

 日々の歩数をアプリ内で比較することもできます。ほかにも、独自の活動指数“Move”で比較したり、移動距離を比較したりすることもできます。

■ターコイズとブラウンの2色

 カラーはターコイズとブラウンの現在2色。ブラックも今後販売される予定です。目に鮮やかなターコイズカラーは女性はもちろん男性が着けてもさわやかですね。手ごろな価格で装着感が良い最新ライフログリストバンド『ムーヴバンド2』は、この夏からライフログデビューしたいという人にぴったりではないでしょうか。

ムーヴバンド2
直販価格:7992円
計測内容:歩数、移動距離、消費カロリー、睡眠時間など
販売:全国のドコモショップおよびドコモオンラインショップ
連続動作時間:7日
防水:IPX5(生活防水)
サイズ:幅約20mm(バックル部約16mm)、厚さ約11mm
重量:約17g
アプリ:『WM(わたしムーヴ)アプリ』(Android、iPhone)
通信方式:NFC/Bluetooth 4.0(Bluetooth Low Energy)

●関連サイト
ドコモヘルスケア ムーヴバンド2製品ページ

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking