2014年06月11日12時45分

公道をリュージュで爆走 Project Morpheus新作デモ:E3 2014

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 ソニーのPS4専用ヘッドマウントディスプレー『Project Morpheus』は、初登場が開発者向けイベントのGDC2014だったため、一般に近いユーザーが体験できるのは今回のE3が初めて。やはりOculus Riftと同様に多くの人が集まり、待機列をつくっていた。

 今回初お披露目となるデモゲームが、リュージュに乗って坂道を滑りおりる『STREET LUGE』だ。実際のリュージュに乗り込んだときを再現するように、ほとんど寝るように座れるソファーが用意されている。

Project Morpheus
Project Morpheus
Project Morpheus

 ゲーム内容は、対向車などをうまく避けつつ、一般道路を駆け抜けるだけとシンプルなもので、操作できるのは、リュージュも左右に動かすために、頭もしくは体を左右に動かすことだけ。もちろんPS Cameraによる位置の検出とHMD部分のジャイロセンサーなどで頭の向きを検出している。実際のリュージュは体験したことがないので正しいかどうかは不明だが、バイクなどでも曲がりたい方向に体重移動をすることがあるが、その感覚とよく似ている。

Project Morpheus

 ちなみに、VR HMD系の定番ゲーム『EVE:Valkyrie』もUIや敵AI、戦闘システムなどがバージョンアップしていた。改めて体験してみると、顔の向きで敵をロックオンするためのサイト(標準)を動かす、という操作が“敵を目で追う”という行動とリンクして自然だと感じた。

Project Morpheus

 Oculusと比べると、PS Moveなど周辺機器がすでにあるのが強み。コントローラーを振り回して楽しそうに体を動かしているひとが多いのが印象的だった。

Project Morpheus

■関連サイト
ソニー・コンピュータエンタテインメント

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking