2014年06月12日12時30分

いよいよ開幕! W杯はサウンドバーで大迫力視聴だっ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 最新の薄型液晶テレビは本体スピーカーでバーチャルサラウンドにも対応しており、わざわざ別体のスピーカーを導入するメリットはないと考えがちです。はい、私もそう思っておりました。

 しかし! 薄型テレビはその薄さを追求するため、スピーカーが下部を向いている機種が多く、ライブ映像などでは音質面がかなり厳しいのも事実です。

 ということで週アスがオススメしたいのがサウンドバー。代表的なバー型メインユニットとサブウーファーの組み合わせの製品のほか、テレビを本体の上に置けるテレビ台タイプもあります。テレビ台タイプはサウンドバーという言葉にそぐわないのでは? という疑問もありますが、あえて突っ込まない方向でよろしくお願いいたします。

サウンドバータイプ
20140611soundbar
テレビ台タイプ
20140611soundbar


 最初に、サウンドバーを導入するメリットを3つピックアップしてみました。

より音がハッキリ分離して聞こえる
20140611soundbar

 特に効果的なのが、大小の音が聞き分けやすくなること。特にW杯のように解説と会場の応援の声が同時に流れるようなシチュエーションで音がクッキリと分離して聞き分けやすくなるのはナイス。

5.1chサラウンドより設置自由度が高い
20140611soundbar

 サラウンドスピーカーを購入したはいいものの、設置場所の確保からケーブルの取り回しでウンザリした方も多いかと思います。さらに最適なサラウンド効果を得るためには視聴位置が限定されるのもつらいところ。サウンドバーは電源ケーブル以外はワイヤレス接続な製品が多いため設置の手間は最小限! サラウンド効果もなかなかのものです。

スマホの音楽もワンタッチで鳴らせる
20140611soundbar

 意外と便利なのがBluetooth接続でスマホ内の音源を手軽に再生できること。帰宅したらサウンドバーに即接続し、充電しながらスマホ内の音楽を再生してくつろぐといった使い方も可能。最新モデルはNFC対応製品も増えてきており、来客のスマホもワンタッチで即音を鳴らせるのもうれしいですね。

 今回週アスでテストしたのはこの6製品! 個性豊かなモデルがそろいました。

HT-CT370
●ソニー
実売価格 3万7000円前後

20140611soundbar


 

20140611soundbar

 製品のウリは、お手ごろ価格ながらNFCと4Kパススルー接続に対応すること。将来4K対応プレーヤーやテレビを導入しても、そのまま使えるのがうれしいですね。

SC-HTB880
●パナソニック
実売価格 6万5000円前後

20140611soundbar
20140611soundbar

 メインユニットにサラウンド用スピーカーを内蔵し、5.1chサラウンド出力可能。もちろん4Kパススルー出力に対応しており、NFCもサポート。aptX対応なのもナイス。

YSP-2200
●ヤマハ
実売価格 5万9000円前後

20140611soundbar
20140611soundbar

 16個の小型スピーカーにより7.1chサラウンドを実現する実力派。付属のマイクで部屋の環境を測定してセットアップでき、壁反射まで考慮した音づくりが可能です。

LS-B50
●オンキヨー
実売価格 4万円前後

20140611soundbar
20140611soundbar

 内蔵スピーカーと独自技術“AudioSphere”により立体的に広がる音空間を実現。サブウーファーはワイヤレス接続です。サウンドモードは3つと少なめ。

SC-HTE80
●パナソニック
実売価格 2万2000円前後

20140611soundbar
20140611soundbar

 サブウーファー内蔵でコンパクトなテレビ台タイプ。低価格ながらNFCに対応するのも◎。特筆すべきは小音量時のバランスのよさで、深夜利用に最適。

HT-XT1
●ソニー
実売価格 3万4000円前後

20140611soundbar
20140611soundbar

 底部に2つのサブウーファーを内蔵したテレビ台タイプ。NFCや4Kパススルーにも対応しており、テレビ台の前後スペースに余裕がない場合はこちらがオススメです。

 週刊アスキー最新号では、6台のサウンドバーの音質を徹底比較。W杯対策のスポーツだけでなく映画、音楽、ゲームに加えて夜間に活躍する小音量時まで全方位で評価しています。最強の称号を得たサウンドバーはどれなのか、ぜひチェックしてくださいね!

20140611soundbar
週刊アスキー 週刊アスキー
Amazonで購入は表紙をクリック
Kindle版はこちらをクリック

週刊アスキーはNewsstandでも配信中!
Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking