2014年06月05日22時30分

iCloud Driveは待てない! Googleドライブ超活用でMacとAndroidとiOSでシームレスにファイル共有|Mac

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 先日発表されたOS X YosemiteとiOS 8では、MacとiOSデバイス間の連携機能が強化されましたね。念願のAirDropのほか、MacとiOSデバイスでファイルを共有できる「iCloud Drive」など、アップル製品を複数持っている人はますます便利になりそうです。

 ですが、私のようにメインはMacでWindowsマシンも使い、スマホはAndroid、タブレットはiPad miniという場合、問題は少々ややこしいです。いまどき、必要なデータはすべていつでもどこでも共有できるようにクラウドにアップしておきたい。全端末で自由自在に閲覧・編集までしたい!

Googleドライブ

 こういった状況を解決するなら「Googleドライブ」活用がオススメです。Googleドライブはストレージサービスであると同時に、Office系機能を持ったウェブアプリでもあります。

 MacやWindowsからGoogleドライブへのアクセスはウェブブラウザーが主ですが、AndroidやiOSでもウェブブラウザーからアクセスできますが、アプリが便利です。

Googleドライブ
Googleドライブ

Android用「Googleドライブ」

AppStore アプリをダウンロード

iOS用「Googleドライブ」

AppStore アプリをダウンロード

 そして、GoogleドライブのOffice系アプリ「ドキュメント」「スプレッドシート」「スライド」は、それぞれWord、Excel、PowerPointに相当するアプリ。MacやWindowsマシンではウェブラウザー上で使えるのが便利で、コピー&ペーストのキーボードショートカットなども使えます。ドキュメントとスプレッドシートについては、AndroidやiOS向けにアプリが用意されています。

Googleドライブ

Android用「Googleドキュメント」

AppStore アプリをダウンロード

iOS用「Googleドキュメント」

AppStore アプリをダウンロード

Googleドライブ

Android用「Googleスプレッドシート」

AppStore アプリをダウンロード

iOS用「Googleスプレッドシート」

AppStore アプリをダウンロード

 これらをインストールしておけば、パソコンで編集していたファイルをAndroidやiOSデバイスからすぐに確認できます。

 ちょっと実験してみましょう。まずiPadの「ドキュメント」でファイルを作成し、Xperiaで開いて編集、続いてMacのウェブブラウザーで開いて編集してみました。最終的には全部同じになるので伝わりづらいんですが……確かに、すべてで同期されていることが確認できました。

iPadのGoogleドライブ画面 AndroidのGoogleドライブ画面
Googleドライブ Googleドライブ
MacのウェブブラウザーのGoogleドライブ画面
Googleドライブ

 このようにどの端末からも編集ができるので、私はアイデアメモや買い物リストなどに利用しています。たとえば、まずは入力の早いパソコンを使ってスプレッドシートに入力し、移動中や外出先ではスマホやタブレットで確認します。パソコンならコピペがしやすいので順番の入れ替えが楽で、データを送る手間もなければプリントアウトの手間もないので、直前まで編集していてもOKです。

 さらなる応用編として、Mac/Windows用の「Googleドライブ」アプリを使う方法があります。アプリといっても、パソコンにGoogleドライブのフォルダーをマウントするといった感じ。Mac版の場合、Finderのサイドバーに「Googleドライブ」フォルダーが追加され、メニューバーに常駐するアイコンから設定画面にアクセスできます。

 当初、Finderに追加された時点で同期がオンになっていると思い込んでおり、フォルダーに入れたファイルがいつまで経ってもアップロードされず困っていました。インストールしたら、まず同期設定を確認してみましょう。同期間隔を細かく設定できないため、すぐに反映されないこともあるようです。

Googleドライブ
フォルダーに入っていないファイルは常に同期される。フォルダーについては同期するかどうかを選べる。
Googleドライブ
Finderのサイドバーに「Googleドライブ」フォルダーが追加されている。

 これらを駆使すると、Mac/Windows/Android/iOSでほぼ完全にシームレスな同期環境ができあがります。パソコンで作成したファイルが文字化けすることもありますが、ウェブブラウザー上での利用がメインなら問題ナシ。複数OSの端末を使っている人にオススメです。

Googleドライブ(外部リンク)


 さて、好評発売中のMacPeople7月号の特集ラインアップは、新MacBook Airレビュー/現行マシンをまだまだ使う!限界チューンアップ術/アップルストアの知られざる真実/Cocos2d-xゲーム開発入門/ゲームアプリ開発者のためのYouTubeプレー動画講座/デベロッパーに聞くスマホアプリの最新トレンド——となっています。電子版なら気になるキーワードで検索ができるほか、定期購読は紙よりも安くてお得ですよ!

MacPeople7月号はApple Storeが目印
MacPeople7月号
Amazonで購入は表紙をクリック

MacPeopleはNewsstandでも配信中
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円!

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking