2014年05月20日13時00分

国内最小WiFiレーザープリンター『Satera LBP6040』 キヤノンが発売

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

『Satera LBP6040』
●予想実売価格 1万4900円前後
5月29日発売予定

Satera_0520

 IEEE802.1b/g/nを採用したA4対応機。1枚目を印刷する“ファーストプリント”が7.8秒と、起動を待ってイライラすることもナシ。

Satera_0520

 注目はそのコンパクトサイズ。無線LAN搭載のA4モノクロレーザーとしては“国内最小”とのこと。同じジャンルでバカ売れしているブラザーの『HL-2270DW』(実売価格1万6000円前後)と比較してみると、

LBP6040

364(W)×249(D)×199(H)mm

HL-2270DW

368(W)×360(D)×183(H)mm

 

 と奥行きが断然コンパクト。この小ささなら、ウチにも置けそう。

 印刷スピードは現行機の1分16枚から、1分18枚へとアップ。

 そして上位モデルも発表。

『Satera LBP6240』
●予想実売価格 1万8100円前後
7月下旬発売予定

Satera_0520

 無線LAN対応はIEEE802.1b/g/nと、『LBP6040』と同じだが、毎分25枚と高速な両面印刷機能と、有線LANポートを備える。

 公式のプリントアプリ『Canon Mobile Printing』で、タブレットやiPhoneから出力も可能に。特徴はMSオフィス文書への対応。オフィス文書をスマホから印刷しようとすると、レイアウトが崩れやすかったり、表示がうまくいかなかったりするんですが、『Canon Mobile Printing』では、インターネット上の“データ変換サービス”で原稿通りのレイアウトに補正。

 ただ、公式アプリの展開はiOSは7月下旬から、Androidは8月中旬から対応予定とちょっとまだ先ですが、個人ユーザーでも、必要なときにサッと印刷できちゃうコンパクトなレーザープリンターが1台あると、いろいろはかどりますよー。

●おもなスペック
『LBP6040』
プリント方式 半導体レーザ+乾式電子写真方式
トナー定着方式 オンデマンド定着方式
ファストプリント 7.8秒
プリント速度(A4) 18枚/分
最大プリント解像度 2400dpi
給紙容量 150枚
両面印刷 非対応
ネットワーク IEEE802.11b/g/n
サイズ/重量 364(W)×249(D)×199(H)mm/約5kg

『LBP6240』
プリント方式 半導体レーザ+乾式電子写真方式
トナー定着方式 オンデマンド定着方式
ファストプリント 6秒
プリント速度(A4) 25枚/分
最大プリント解像度 2400dpi
給紙容量 250枚+手差し1枚
両面印刷 対応
ネットワーク IEEE802.11b/g/n
サイズ/重量 379(W)×293(D)×243(H)mm/約7kg

■関連サイト
キヤノン

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking