2014年05月13日14時45分

アメリカでauのAndroidスマホがLTEローミング可能に 国内事業者初対応

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
国際ローミング

 auは5月15日より、アメリカにおいてAndroidスマートフォンやタブレットのLTE国際ローミングサービスの提供を開始することを発表しました。国内事業者では初となります。

 これまで、auのiPhoneなどでの国際ローミングは2013年の11月より提供されていましたが、これからはAndroidスマホでも利用できるようになります。海外ダブル定額も適用されます。対応機種は先日発表された(関連記事)夏モデルの『isai LGL24』、『Xperia ZL2 SOL25』、『GALAXY S5 SCL23』、『AQUOS SERIE SHL25』、『URBANO L03』、『Xperia Z2 Tablet SOT21』です。詳しいエリアや料金プランなどについてはプレスリリースの別紙(外部サイト)をご覧ください。

 以下、リリースです。

KDDI、沖縄セルラーは2014年5月15日より、Android (TM) 搭載スマートフォン、タブレットでの米国内におけるLTE国際ローミングサービスの提供を、国内通信事業者としては初めて開始します。

これにより、邦人渡航者が多い米国へ旅行や出張で訪れた際に、auのAndroid (TM) 搭載スマートフォン、タブレット (注) なら動画の閲覧やビジネスファイル、Eメールによる高画質な写真の送信など、大容量のコンテンツが、さらに快適にご利用いただけるようになります。

なお、LTEによる国際ローミングは、提供エリアにおいて従来のローミングサービスと同様の方法でご利用いただくことができ、お申し込みは不要です。さらに、LTE通信料についても定額料金でご利用いただける「海外ダブル定額」の対象となるため、Android (TM) 搭載スマートフォン、タブレット向けにおいては現在、13の国と地域でLTE通信料を気にせず安心してご利用いただけます。

KDDIは、今後も国際ローミングサービス「グローバルパスポート」によるLTE高速データ通信の提供エリアを順次拡大していきます。

■関連サイト
プレスリリース その1
プレスリリース その2

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking