2014年04月25日22時50分

共通絵文字の対応は2014年夏モデルから? キャリア各社に聞いてみた

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 ドコモ、KDDIおよび沖縄セルラー電話、ソフトバンク、イー・アクセス、ウィルコムの6社は2014年5月以降順次、各キャリアメールとSMSでやりとりされる“絵文字”の共通化を発表しました。

発表された説明資料

共通絵文字
共通絵文字

 これが有効になれば、他キャリアに絵文字を送った場合“〓”に置き換えられてしまっていた部分が、きちんとした代替絵文字やテキストになり、意味が伝わるようになります。

発売済みのモデルでも使えるのでしょうか?

共通絵文字

 さて、そこで気になるのは“5月以降順次”とはどういう意味なのかという点です。そこで、各キャリアの広報部に詳細なスケジュールおよび対応端末について聞いてみました。

ドコモ
今後発売される端末で対応予定です。したがってSMSおよび“ドコモメール”でご利用いただけます」

KDDI
2014年夏モデルのAndroid4.4搭載スマートフォンで対応予定です。既存のモデルに関しても、Android4.4にアップデート後に利用可能です。アップデートスケジュールは確定次第、ホームページでご報告します」

ソフトバンク
「先日発表させていただいた『AQUOS Xx 304SH』以降発売のモデルでご利用可能です」

イー・アクセス
「共通絵文字はイー・モバイルの提供するメールアプリのアップデートで対応いたします。提供時期は決まり次第、ご報告いたします」

ウィルコム
「現在、(PHS専用端末を含め)対応を検討しております」

 ひとまず確実なのはいわゆるキャリア3社は今後発表・発売される端末は有効になるようです。また、ドコモは最新機種には“ドコモメール”をプリインストールするため“spモードメール”アプリを利用し続けている人は利用不可なのかもしれません。KDDIのように従来端末もアップデートが提供されれば有効になる可能性はありますが、そこは各キャリア次第になっているようです。

 『絵文字』は“Emoji”として海外でもコミュニケーション手段として認知されつつあり、今回SMSで対応になる“Unicode”でも実装されています。今回の話はおもにAndroid端末(一部PHS端末を含む)の話ですが、Unicodeで実装するとなるとiPhoneにも共通絵文字が送れるようになるのか、かなり期待したいところです。

●関連サイト
ドコモ 該当プレスリリース

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking