2014年04月24日17時00分

Apple第2四半期決算、iPhoneが牽引しサービス事業者からの収益が過去最高に|Mac

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 Appleが4月23日(現地時間)、2014年度第2四半期決算(2014年1〜3月)を発表しました。売上高は456億ドル(約4.7兆円)、純利益は102億ドル(約1兆円)、売上総利益率は前年同期の37.5%に対し39.3%、米国市場以外の売上比率は65%となりました。

 iPhoneの販売が牽引し、過去最高の1〜3月期売上高を達成したほか、サービス事業者(ドコモ、au、ソフトバンクなどの携帯電話キャリア)からの収益が過去最高となったとのことです。Appleが発表している製品別の販売台数推移をわかりやすくまとめてみました。

Apple決算発表

 リリース全文は以下の通り。

Apple、第2四半期の業績を発表

iPhoneの力強い販売により、過去最高の1〜3月期売上高と 15%増の一株当たり利益を達成

2014年4月23日、カリフォルニア州クパティーノ、Apple®は本日、2014年3月29日を末日とする2014年度第2四半期の業績を発表しました。当四半期の売上高は456億ドル、純利益は102億ドル、希薄化後の1株当り利益は11.62ドルとなりました。前年同期は、売上高が436億ドル、純利益が95億ドル、希薄化後の1株当たり利益が10.09ドルでした。売上総利益率は、前年同期の37.5%に対し39.3%となりました。当四半期の米国市場以外の売上比率は66%でした。

「当四半期の業績、特に、iPhoneの売れ行きが力強く、サービス事業からの収益が過去最高となったことをとても誇りに思います。今後もAppleだからこそ市場に提供できるさらに多くの新製品とサービスを発表することを楽しみにしています」と、AppleのCEO(最高経営責任者)、ティム・クックは述べています。

「1〜3月期は、135億ドルの営業キャッシュフローを生み出し、配当金と自社株買いを通じてほぼ210億ドルを株主に現金で還元しました。これにより当社の資本還元プログラムの下での累積支払総額は660億ドルとなります」と、AppleのCFO(最高財務責任者)、ピーター・オッペンハイマーは述べています。

Appleは2014年度第3四半期の業績について、以下の予想を提供しています。
・売上高として360億ドルから380億ドル
・売上総利益率として37%から38%
・営業費用として44億ドルから45億ドル
・その他の収入/(費用)として2億ドル
・税率26.1%

Appleは、2014年度第2四半期業績発表のカンファレンスコールのライブストリーミングを、2014年4月23日14時00分(米国西部時間)より、Appleのウェブサイト(http://www.apple.com/quicktime/qtv/earningsq214)で配信します。このウェブキャストは、配信開始後約2週間にわたり再生が可能です。


 MacPeople編集部が週アスPLUSに執筆している記事には、記事最上部の「カテゴリ」に「MacPeople」が付いています。まとめて読みたい場合は、こちらからどうぞ!

 好評発売中の5月号(3月28日発売)では、Mac生誕30周年企画としてMac OS進化の系譜を掲載。そのほか、4月9日にサポートが終了するWindows XPからの移行方法も紹介しているWindowsユーザーのためのMac買い換えガイド、iOS 7.1徹底解説、いま話題のiBeaconの最新情報すべてなど、見逃せない特集が盛りだくさんです。

5月号はSystem 1.0とiOS 7.1が目印
MacPeople 5月号(3月28日発売)
Amazonで購入は表紙をクリック

 そして、まもなく発売のMacPeople6月号(4月28日発売)の特集ラインアップは、GWに見直したいネットワークのすべて、Office for iOS & OneNote for Macの使い方、いま熱いゲーム開発環境Unity入門、App Storeに自作アプリを登録しよう、iPhone液晶保護ガラス強度テストの5本です。

MacPeopleはNewsstandでも配信中
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円!

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking