2014年05月17日19時00分

スマートウォッチまとめ:ソニーやサムスン、近未来の腕時計型端末の数々(2014年6月26日 10:24更新)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
スマートウォッチまとめ

 サムスンのGALAXY Gearをはじめ、ソニーのSmart Watchなど、腕時計型のスマートデバイスが流行の兆しをみせています。アップルもこれらの分野に新製品を投入するのではという噂もあるので、これからますます発展しそうな分野ですね。

 週アスPLUSでこれまでに取り上げられたスマートデバイスの数々をまとめてみました。

Android Wear

 Googleの開発者向けイベント“Google I/O 2014”の基調講演では、Androidプラットフォームである『Android Wear』の詳細が発表された。

▼続きはこちら
Android WearのGear LiveとLG G Watchの海外版が発売開始:Google I/O 2014(NEW!)

 


 

スマートウォッチ

 例のAndorid丸ごとウォッチ、見る人見る人うへぇ言いますわ。すでにレビューや日本語化については太田君が完璧にやっちゃって、私の脳裏に引退の二文字をちらつかせましたが(関連記事)、さらにナント週アス本誌でみやの編集チョによるレポートも準備しておりますよっ! 角川アスキー総研の遠藤諭氏も購入していますこのスーパー腕時計←あ、コレいいじゃん。EXPANSYSジャパンではとうとう売り切れてしまったそうですが、ということは100人くらいは持っているということなので、より細かいとこ突っ込んでみますよ頭来たから。

▼続きはこちら
最強のスマートウォッチ Omate TrueSmartを大解剖:週間リスキー

 

中華ウォッチ

 中国で販売されていたスマートウォッチ『An1』の実用性がどれくらいあるのか、ハード松村さんが現地入手したものをレビューしていきます。

▼続きはこちら
中華スマートウォッチ『An1』の実力を全力で確認してみた

 

Martian Watches Victory

 最近ブームになりかけのスマートウォッチって、なんだかゴツゴツしたデザインで、「私、スマートウォッチです! いろんな機能あります!」って主張してる感じの物が多いですよね。そういうのが好きな人にとってはいいのかもしれませんが、もうちょっと普段使いしても違和感がないような、普通の腕時計っぽいスマートウォッチがあってもいいですよね。そんな自分の希望を知ってか知らずか、『Martian Watches Victory』を使えるチャンスが巡ってきました。

▼続きはこちら
Martian Watchesはスマートかつエレガントなスマートウォッチだった

 

TrueSmart

 地獄副変ACCNが興奮しながら手渡してきた最新のスマートウォッチOmate『TrueSmart』をレビューしていきます。

 TrueSmartは、IP67の防水、防じんに対応している3G通信対応のスマートウォッチ。3G通信も可能で、このTrueSmart単体でAndroidとして使えます。

▼続きはこちら
最強のスマートウォッチ『TrueSmart』を最速日本語化レビュー

 

COGITO POP

 シンシアがBluetoothスマートウォッチ『COGITO POP』を発表。入荷予定日は4月10日、価格は1万5120円(直販価格)。

 スマホの着信はもちろん、メール、ツイッター、LINEといったSMSの通知や、通知以外にも、音楽やカメラのリモート操作にも対応している。さらに将来的にはアプリのアップデートの予定もされている。

▼続きはこちら
ツイッターやLINEにも対応したスマートウォッチ『COGITO POP』が登場

ツイッターやLINEの通知に対応 スマートウォッチ COGITO POP続・レビュー

 

Pebble

 『Pebble』(ペブル)はクラウドファンディング『Kickstarter』で資金を集め、量産化まで漕ぎ着けたスマートウォッチである。市販されてから1年以上経過しているがその間にもバージョンアップを重ね、着実に機能を拡張し続けている。今年の2月にはPebble専用のアプリケーションストア『Pebble appstore』がオープンし、人気が再燃している。

▼続きはこちら
毎日充電しなくても平気な実用性十分のタフネススマートウォッチ:Pebble実機レポート前編

Pebbleのアプリを自分で作っちゃおう:Pebble実機レポート後編

 

T-Fire

 ここのところウェアラブルデバイスの話題で持ち切りのモバイル業界。その中でも腕時計型の端末はライフログやヘルス機能を搭載した製品にトレンドが移りつつありますが、スマートフォンコンパニオンとなる製品もいろいろと出てきています。今回は中国から登場した電子ペーパー搭載のスマートウォッチをご紹介しましょう!

▼続きはこちら
モノクロ表示が懐かしくも今どきの機能満載のスマートウォッチT-Fire

 

GALAXY Gear

 MWC2014で筆者が最も注目した新製品はサムスン電子の新しいGearシリーズ。リストバンド型で湾曲ディスプレーのGear Fitも気になりますが、腕時計型のGALAXY Gearを使っている筆者としては、後継機種のGear 2とGear 2 Neoから目が離せません。

▼続きはこちら
とにかく超絶ほしいサムスンのGALAXY Gear 2を初代と比べてみた

 

ARES EC309

 音声通話に対応したウェアラブルスマホ『ARES EC309』が2月上旬に発売されます。メーカーは、ランニング用GPSウォッチなどスポーツマンのための製品を手掛けるアレスです。

 直販予定価格は3万4800円、200万画素のカメラと1.54インチのディスプレーを搭載して、カラバリはブラックとホワイトの2色になります。

▼続きはこちら
通話も可能なSIMフリーの腕時計型ウェアラブルスマホが発売

 

GALAXY Gear

 各社から少しずつ製品が出てきたスマートウォッチ。その中でもサムスン電子のGALAXY Gearは他社製品とは大きく異なる特徴を持っています。それは内蔵カメラ。今回はそのカメラをさらにパワーアップしちゃいましょう。

▼続きはこちら
GALAXY Gearのカメラをクリップオンでパワーアップ

 

SmartWatch2

 最近気になるガジェットを挙げるならば、Xperiaユーザーである自分は真っ先に『SmartWatch2』を挙げます。けれど、普段から時間はスマホで確認するくらい“腕時計慣れ”していないので、本当に使い続けられるか少し不安になります。

▼続きはこちら
Xperia Z1にも最適なSmartWatch2を徹底的に試してみた

 

MWCウェアラブル連続レビュー

 MWCではスマホやタブレットだけでなく、フィットネス系のウェアラブル端末が多く発表されました。そのうちの3つのソニーモバイル、サムスン、ファーウェイの端末は日本での発売が期待される大注目機種です。

 そこで現地タッチアンドトライ会場で使い倒した結果を、山根博士、中山、ACCNの3人がまとめました。

▼続きはこちら
最強のウェアラブル端末が決定!未発売の最新3モデルを徹底比較

 

Smartband SWR10

 今年2月に開催されたMWC2014の会場でソニーから発表されたウェアラブルデバイス『Smartband SWR10』(関連記事)を速攻で手に入れたのでうれしげに開封してみます。

▼続きはこちら
ウェアラブルバンド『SmartBand SWR10』をうれしげに装着してみた

 

オーソドックスなデザイン
スマートウォッチも中国から続々登場

中国メーカー製のスマートウォッチが市場に少しずつ出てきました。サムスンの『GALAXY Gear』やソニーモバイルの『SmartWatch 2』など、(中国にとっての)海外メーカーから続々と新製品が登場するなか、はたしてどの程度の実力なのでしょうか? 北京の展示会で実機を見てきました。

▼続きはこちら
Android OSを載せた中華スマートウォッチはGALAXY Gear、SmartWatch 2を凌駕する

 

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking