2014年04月18日10時00分

ホリエモンのコレいいかも! 第48回 ヘッドレスデザインがクールなギター

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

ホリエモンのコレいいかも!

 最近、生バンドにあわせて歌える『バンカラ』に行く機会が増えている。そこで楽器も弾けるのだが、そのおかげかエレキギターにもはまっている。
 このコーナーでもエフェクターを紹介したが、今回は友人から借りてみて、いい感じだったスタインバーガーのエレキギター『Steinberger ZT-3 Custom』を紹介する。

ホリエモンのコレいいかも!

 スタインバーガーのギターといえば、音をチューニングするヘッドの部分がないのが見た目の特徴。ボディーが弁当箱のようなカタチをしたものが有名だが、『ZT-3』は普通のギターと同じような形状だ。一般的なエレキギターと比べると、少しばかり小ぶりのような感じがするが、持ち歩きを考えると非常に便利。しかも、ボディーがグラファイト製で剛性が高いので、チューニングが狂いにくく、一度あわせてしまえば移動しても大丈夫のようだ。

 くわえて、とても弾きやすいのが特徴だ。私はあまり詳しくないが、ヘッド部分がないことで音の共鳴が軽減されるので、音色がかなり安定しているとのことだ。逆に、ちょっとめんどうだなと感じるのは、ヘッド部分が特殊なため、使用する弦が専用であること。といっても、ネットで買えるので無問題。それに専用のアタッチメントを装着すれば、普通の弦も使用することができるみたい。

 値段はお手ごろな16万円前後。とはいえこの値段がもっとも高いクラスで、弁当箱みたいな形のギターならあ万円台から手に入る。これからギターを買う人はチェックしてみては?。

 
■今週のガジェット■

Steinberger ZT-3 Custom

ホリエモンのコレいいかも!

 家具デザイナー、ネッド・スタインバーガーが創設したブランドで、その独創的なデザインに愛好者も多い。

ホリエモンのコレいいかも!

↑アーム操作で5段階のチューニングを切り替えられる、ヘッドレスデザインのギター。

販売 Gibson(関連サイト)
実売価格 16万円前後

■今週の近況■

即日配送も始まったZOZOTOWNがスゴイ

 先日、アパレル販売サイト『ZOZOTOWN』の巨大倉庫システム『ZOZOBASE』を見学してきた。超近代的なシステムで、全商品を独自IDで管理するだけでなく、商品写真はモデルを使って撮影、採寸もすべて自社のサイズに測り直している。これが彼らの競争力の源泉だと思った。
 会員になると、ZOZOTOWNの商品データベースと連携した自分のコーディネートをアップでき、フォロワーが付くというビジネスモデル。これは爆発力あるよ

※この連載は週刊アスキー2014年4/29日(4月15日発売)に掲載されたもので、堀江氏の意見をもとに編集・再構成したものです。


●関連サイト
堀江貴文ポータルサイト
『ホリエモンドットコム』

週刊アスキー 週刊アスキー
Amazonで購入は表紙をクリック
Kindle版はこちらをクリック

週刊アスキーはNewsstandでも配信中!
Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking