2014年04月16日11時00分

国産初の4Kディスプレー搭載ノートPCが東芝2014年春モデルで登場

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 東芝は2014年春モデルとして、国産初4Kディスプレーを搭載したノートパソコン『dynabook T954』を発表しました。

dynabook T954 T954/89L
●東芝(関連サイト
●4月25日発売予定
●予想実売価格 25万円前後

『dynabook T954』

 最大の特徴はやはりディスプレーで、15.6インチ4K(3840×2160ドット)解像度のIGZO液晶を採用。レグザの映像エンジン“CEVO 4K”をベースとした“超解像技術レゾリューションプラス”機能により、低解像度の静止画でもキレイに表示することが可能。

 さらに、東芝の独自ユーティリティーソフトを搭載するため、4Kの高密度な精細さを維持しつつ、文字やアイコンの表示サイズをカンタンに変更できます。そのほか、色調整機能やカラーマネージメントアプリ“Chroma Tune for TOSHIBA”、Adobe製“Photoshop Lightroom5”を搭載するため、本格的なRAW現像が可能です。

 CPUはインテル製第4世代コアi(開発コードネーム:Haswell)である『Core i7-4700HQ』、GPUはAMD製『RADEON R9 M265X』。4K解像度のテレビ出力が可能なHDMI、高音質な“harman/karbonステレオスピーカー”、暗い場所のタイピングがラクになる“バックライトキーボード”を搭載します。

 圧倒的解像度を誇る4Kディスプレーで、BDを鑑賞する方、仕事や趣味で写真編集を多くする方にオススメです。

●おもなスペック
CPU Core i7-4700HQ(2.4GHz、最大3.2GHz)
GPU:AMD RADEON R9 M265X
液晶ディスプレー 15.6インチ(3840×2160ドット、282dpi、タッチ対応)
メモリー 8GB(4GB×2、PC12800 DDR3L)
HDD 1TB
光学ドライブ BDXLドライブ
通信:IEEE802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth4.0
付属ソフト Office Home and Business 2013、Adobe Photoshop Lightroom5(DVD)、Chroma Tune for TOSHIBA
OS Windows8.1(64ビット)
本体サイズ/重量 377.5(W)×27.9(D)×244(H)mm/2.4kg

■関連サイト
東芝 dynabook.com

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking