2014年03月04日21時45分

ドコモの音波技術で乗車中の山手線のイマがわかるJR東日本アプリが発表

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 JR東日本は、電車に乗るとき必要な情報がすぐわかる『JR東日本アプリ』を3月10日から運用開始します。対応OSはiOS6.0以上、Android2.3.3および4.0.3以上です。

JR東日本アプリ Air Stamp

 “列車まわり、ぜーんぶおまかせ。”というコンセプトで開発された本アプリは、よく使う“My路線”(最大10路線)、“My駅”(最大10駅)を登録することで、以下の様な路線や駅に関するさまざまな情報を表示します。

JR東日本アプリ Air Stamp JR東日本アプリ Air Stamp JR東日本アプリ Air Stamp
JR東日本アプリ Air Stamp JR東日本アプリ Air Stamp JR東日本アプリ Air Stamp

列車に乗る
 表示駅から列車を利用するときに便利なページ。運行情報、列車位置、発車標、停車駅一覧、遅延証明書などを表示する。

駅を利用する
 表示駅を利用するときに便利なページ。JR東日本管内である約1700駅の構内図、時刻表、設備案内など。

実験に参加する
 開発中のスマホ向け情報サービスのお試し版。埼京線、湘南新宿ラインの列車位置情報を表示できる。

スキマ時間を楽しむ
 オリジナルの4コママンガが提供される予定。

お知らせ
 工事のお知らせ、JR東日本のほかのアプリ情報が配信される。

JR東日本アプリ Air Stamp JR東日本アプリ Air Stamp

 また、山手線車両の乗車位置に応じてさまざまなリアルタイム情報を配信する“山手線トレインネット”では、ドコモの音波を使ったチェックイン技術“Air Stamp”を採用。アプリを立ち上げるだけで、“乗車中の車両の温度・混雑具合”や“次の駅の乗り換え路線案内・ホーム案内図”などを表示します(サービス開始当初は山手線の1編成で利用可能。該当列車は5月31日までラッピングトレインとして運行)。

JR東日本アプリ Air Stamp

 ドコモの“Air Stamp”は人の耳には聞こえない高周波域の音波をスマホの通話用マイクで読み取り、特定の信号をキャッチする仕組み。音波自体がアナログ波であることやドコモ独自のセキュリティー技術を施すことで録音や不正解析などのリスクを抑えられます。今後、今回の『JR東日本アプリ』に近い仕組みの、便利でおトクな店舗サービスなどが登場することでしょう。

●関連サイト
JR東日本アプリ 公式サイト
ドコモ“Air Stamp”リリースページ

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking