2014年02月26日07時00分

そっくり感満載Xperia M2実機レビュー:MWC2014

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 これまでの感じからするに日本発売は、あまり期待できない『Xperia M2』ですが、週刊アスキーはさておき、こと週間リスキーなんぞを楽しみにしているあまのじゃくの巣窟である週アスPLUSでは、こちらもきちんとご紹介しないわけに行きませんな。

 いずれ実機を取り寄せ、じっくりレポートする日も来ると思いますが、まずハンズオンでの写真レビューをば。

……の前にちょとおさらい。『Xperia M2』は4.8インチ液晶搭載(960×540ドット)、Android4.3(JellyBean)、1.2GHzクアッドコアCPU、RAM 1GB、8GBのストレージを搭載したローエンド端末で、販売価格は日本円にして約3万円前後となる見込みです。

Xperia M2実機レビュー:MWC2014
↑カラーは左からパープル、ブラック、ホワイトの3色。
Xperia M2実機レビュー:MWC2014
↑本体サイズは71.1(W)×8.6(D)×139.6(H)mm、重量約148g。液晶の質はたいへんよく、いわゆるローエンド端末にありがちなチープな感じがまったくしません。解像度は残念だけど。
Xperia M2実機レビュー:MWC2014
↑裏面。カメラがZ1、Z2と異なり、中央にあるので、指が邪魔しにくい。みんなどうせしょっちゅう指入っちゃってる感じでしょう?
Xperia M2実機レビュー:MWC2014
↑右側面。家の人には区別つかないかもしれません。
Xperia M2実機レビュー:MWC2014
↑反対側。マイクロUSB端子はむき出しです。
Xperia M2実機レビュー:MWC2014
↑底部。穴の数は負けてない(何のことかわからない人はZ2の記事を見てね)。
Xperia M2実機レビュー:MWC2014
↑SIMカードスロットとマイクロSDカードスロットはひとつのパーツでふさぎます。
Xperia M2実機レビュー:MWC2014
↑サクサクですね、まったくストレスない感じ。
Xperia M2実機レビュー:MWC2014
↑展示機はグローバルモデルですが、日本語ロケールも入っておりますよ。

 いじょ。なかなかどうしていいじゃないのという感じですが、日本はハイエンド端末が比較的安価に入手できますからね。発売されたとしても、Z2の代わりにM2を選ぶ理由がなさそうな……。ちょっと切ないです。

■こちらもあわせてどうぞ
Xperia Z2の見た目も中身を徹底チェックしてみた

Xperia Z2 TabletのWiFi版はさらに軽かった

Xperia Z2 タブレット専用ソニー純正アクセサリー最速実機レビュー

Xperia Z2などのソニモバ製品をさわり倒してきました

■関連サイト
ソニーモバイル

MWC2014まとめ

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking