2014年02月25日08時00分

富士通の超音波振動技術を体験してみた:MWC2014

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 富士通の超音波振動技術(関連記事)をMWC2014で実際に体験してきました。展示スペースはブースの一角で、たいへん地味ではありますが、体験しに来た人はみんな「おおー!」という感じで驚かれていたのが印象的です。おもなデモは以下のとおり。

説明パネル
0225fujitsupad
0225fujitsupad
↑ツルツル。本当に“きゅっきゅっ”といった具合。
0225fujitsupad
↑ザラザラ。指先が痛いということはありません。
0225fujitsupad
↑くびれの部分で振動が起こり、盛り上がっているかの感触を得られます。
0225fujitsupad
↑お琴。弦をはじく感触が味わえます。弦楽器アプリすべてに応用効きそうです。
0225fujitsupad
↑金庫。ダイヤルを回す細かいカチカチ感が指先から伝わってきます。
0225fujitsupad
↑DJ。レコード盤を回す感覚がリアルに伝わってきますので、DJな方もノリノリでやれるんじゃないでしょうか。
0225fujitsupad
↑砂を払うと絵が出てくる。コレに限らず全体にゲーム機向きとも言えそうです。

 まだまだ開発途中とのことですが、実際に触れた印象は、本当に写真(絵)に触れている……とまではいいませんが、よくある子供向けの絵本のように楽しめるといった感じですね。アプリやゲームなど、幅広い分野での応用が期待できそうです。

●関連サイト
富士通(プレスリリース)

MWC2014まとめ

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking