2014年02月18日17時00分

Spotifyは日本で本当に始まるの? ソーシャルメディアウィーク基調講演

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 2014年2月17日よりはじまったソーシャルメディアの祭典“ソーシャルメディア・ウィーク2014”。初日最大の注目は日本進出が間近と噂されるスウェーデンの定額音楽聴き放題ストリーミングサービス“Spotify”のキーノートだ。

 日本法人の代表であるハネス・グレー氏が登壇することもあり、日本でのサービスインが発表も予想されたが、結論を言えば日本展開に関する情報は一切開示されず、サービス全体のプレゼンテーションにとどまった。

Spotify

↑スポティファイジャパン株式会社取締役のHannes Graah氏。

 とは言え、前半は通訳を介さず日本語でスピーチを行ない、着うたや特典付きでCDを販売する国内のアイドルグループなど日本の音楽業界事情に精通していることをアピールするなど、日本参入への並々ならぬ意欲は伝わった。

Spotify

↑2006年スタートにしたSpotifyは7年間で28オフィス、55ヵ国でサービスを提供。

Spotify

↑モバイルアプリはiOS、AndroidはもちろんWindows Phone、Blackberry、Symbianにも対応。ブラウザーのウェブサービス、デスクトップのクライアントアプリも用意される。

Spotify

↑そのほかオーディオ機器やゲーム機器などのハードにもメーカーが対応し、ビルトインしている。

Spotify

↑料金プランは広告入りのフリーミアムモデルと、月額9.9ユーロ/ドルのプレミアム会員の2種類がある。2400万会員のうち、600万以上が有料会員となっている。毎月20億のFacebook投稿、1日の平均利用時間は100分超えとユーザーは非常にアクティブだ。

Spotify

↑Spotifyは現在、デジタル音楽業界で世界2位の収益を上げている。2013年は5億ドルの売り上げを達成し、現在もなお成長中だ。

Spotify

↑音楽を購入しない“ロストジェネレーション”と呼ばれる10代後半~20代の世代が音楽にお金を使うようになってきていると主張。

Spotify

↑世界中で音楽産業が回復の兆しを見せている。日本ではデジタルではなくフィジカル(CD販売)が主流。市場参入チャンスはあると主張。

 会場後方には日本語にローカライズされた『Spotify』アプリがインストールされたiPadが試用可能な状態で展示されていた。

Spotify

↑会場後方にはハンズオンコーナーが設けられ来場者で賑わっていた。

Spotify

↑現在日本版App Storeではダウンロード不可な『Spotify』アプリが試せた。日本語にも対応しており、“ブラウズ”からは音楽ジャンルを選択できる。“トップリスト”を選ぶと人気の(プレイ)リストが表示される。

Spotify

↑“設定”画面には5つのメニュー。Facebookと連携設定をすると“受信箱”に友だちからのメッセージや曲の紹介が。

Spotify

↑楽曲再生画面。下部のアイコンからFacebookなどにシェアできる。ストリーミング速度は最高で320kbps相当。オフラインモードも用意される。

 Spotifyはこのあと2月21日の金曜日にもセッションとイベントへの参加が予定されている。そこでの発表はやはりないかもしれないが、近い将来のサービスインはほぼ既定路線と思っていいだろう。

■関連サイト
Spotify

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking