2014年02月12日14時00分

2年ぶりの『G1 X』&世界最深25メートル防水機!キヤノンの新PowerShot

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

PowerShot G1 X Mark II
●予想実売価格 9万円前後
●3月中旬発売予定

CANON_2014

 2012年3月に発売した『G1 X』から2年ぶりの登場。従来機と同様、大型の1.5型CMOSセンサー(18.7×14ミリ)を搭載。1.5型というとピンときにくいが、マイクロフォーサーズ(17.3×13ミリ)よりも大きい。

CANON_2014

 山カメラと言われた前モデル『G1 X』で唯一の弱点と言われたのが“マクロ性能”。大型センサーにおいてマクロ性能の向上は難しく、『G1 X』の最短撮影距離は20センチ。しかしながら、新モデルの『G1 X Mark II』では5センチまで寄れるように進化。これで広大な風景写真から草花などのマクロ撮影までこなせる万能機となった。

CANON_2014
CANON_2014

 さらに、ズーム倍率は4倍から5倍へ、F値も2.8-5.8から2-3.9と大幅に明るくなり、あらゆる撮影シーンに対応できそうだ。

CANON_2014

 新機能としては操作系にも注目。レンズ周囲には2つのリングを装備した。“クリックリング”は露出補正などの設定値の調整ができ、“スムーズリング”はマニュアルフォーカス時の繊細な調整を可能にしてくれる。どちらもカスタマイズで設定項目は変更が可能。

CANON_2014

 また、キヤノン初となる電子ビューファインダーにも対応。XGA 236万画素の高精細タイプで、予想実売価格は3万円前後。現在のところ『G1 X Mark II』のみの対応。

CANON_2014

 はやりのNFC&WiFiでのスマホ連携も備え、リモート操作も可能。2年ぶりの進化により、スキのないつくりとなった。

●SPEC
撮像素子 1.5型裏面照射型CMOSセンサー
有効画素数 1280万画素(3:2時)、1310万画素(4:3時)
レンズ 光学5倍ズーム(F2-3.9、35ミリ換算24~120mm)
動画記録 MPEG4(最大1920×1080ドット/30p)
ディスプレー 3インチタッチ対応チルト式(約104万ドット)
記録メディア SDXCカード
通信機能 NFC、WiFi
サイズ/重量 116.3(W)×66.2(D)×74(H)mm/約553g

PowerShot SX700 HS
●予想実売価格 4万円前後
●2月20日発売予定

CANON_2014

 光学30倍を備え、最新の画像処理エンジン“DIGIC 6”に、ビデオカメラにも搭載する5軸手ブレ補正、PCで扱いやすいMPEG4に対応する動画デジカメ。

CANON_2014 CANON_2014
CANON_2014

 『PowerShot N』にも搭載した、1ショットでオリジナル1枚、エフェクトをかけた5枚の計6枚撮れる“クリエイティブショット”を搭載。人物や露出、距離、動きなどをカメラ側が自動でシーン解析し、さらに被写体の位置や大きさ、色情報などから画像解析をし、自動でトリミング、エフェクトをかけてくれる。

CANON_2014
CANON_2014 CANON_2014
CANON_2014 CANON_2014

●SPEC
撮像素子 1/2.3型裏面照射型CMOSセンサー
有効画素数 1610万画素
レンズ 光学30倍ズーム(F3.2-6.9、35ミリ換算25~750mm)
動画記録 MPEG4(最大1920×1080ドット/60fps)
ディスプレー 3インチ(約92.2万ドット)
記録メディア SDXCカード
通信機能 NFC、WiFi
サイズ/重量 112.7(W)×34.8(D)×65.8(H)mm/約269g

PowerShot D30
●予想実売価格 3万4000円前後
●3月中旬発売予定

CANON_2014

 世界最深25メートル防水性能をもつタフデジカメ。耐落下2メートル、マイナス10度の耐寒性能も装備。

CANON_2014

●SPEC
撮像素子 1/2.3型裏面照射型CMOSセンサー
有効画素数 1210万画素
レンズ 光学5倍ズーム(F3.9-4.8、35ミリ換算28~140mm)
動画記録 MOV(最大1920×1080ドット/24fps)
ディスプレー 3インチ(約46.1万ドット)
記録メディア SDXCカード
サイズ/重量 109.4(W)×27.5(D)×68(H)mm/約218g

PowerShot N100
●予想実売価格 3万8000円前後
●4月下旬発売予定

CANON_2014

 2014年1月開催のCES2014で公開した同機が日本でも正式発表。背面に35ミリ換算広角25mmの“ストーリーカメラ”を備え、撮ってる人の表情ごと撮ってしまうという新コンセプトカメラ。

CANON_2014

 撮った写真、動画はひとつのファイルとなり、PinP表示が可能。動画に動画、静止画に静止画のほか、動画と静止画の組み合わせも可能。

●SPEC
撮像素子 1/1.7型裏面照射型CMOSセンサー
有効画素数 1210万画素
レンズ 光学5倍ズーム(F1.8-5.7、35ミリ換算24~120mm)
動画記録 MPEG4(最大1920×1080ドット/30p)
ディスプレー 3インチタッチ対応チルト式(約92.2万ドット)
記録メディア SDXCカード
通信機能 NFC、WiFi
サイズ/重量 104.5(W)×35.8(D)×67.5(H)mm/約289g

EOS Kiss X70
●予想実売価格 6万6000円前後(18-55レンズキット)、5万5000円前後(ボディーのみ)
●3月下旬発売予定

X70_0212

 エントリー一眼『EOS Kiss X50』の後継モデル。有効画素数が1220万から1800万に大幅アップ。フルHD動画記録に対応したほか、背面液晶も2.7インチ(約23万ドット)から3インチ(約46万ドット)へと大型&高精細になった。

X70_0212

 クリエイティブフィルターや撮影後のリサイズ機能のほか、動画撮影時の静止画撮影機能の追加に、風の音を減らすウィンドカット機能などを新たに備える。

X70_0212

●SPEC
撮像素子 APS-Cサイズ(約22.3×14.9mm)CMOSセンサー
有効画素数 1800万画素
付属レンズ 光学3倍ズーム(F3.5-5.6、35ミリ換算29~88mm)
動画記録 MPEG4 AVC/H.264(最大1920×1080ドット/30p)
ディスプレー 3インチ(約46万ドット)
記録メディア SDXCカード
サイズ/重量 129.6(W)×77.9(D)×99.7(H)mm/約480g

※付属レンズ『EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS II』

 正統派エントリー一眼から個性派コンパクトまで、バリエーション豊かなラインアップがそろいました!

■関連サイト
キヤノン

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking