2014年01月23日08時30分

auの2014年春モデルはファブレット&サービス拡充で他キャリアと差別化

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 1月22日、“au発表会 2014 Spring”において、2014年春モデル5機種を発表した。なお、ドコモとソフトバンクは冬春モデルとして昨年10月に発表会を行なっているので、大手3キャリアの中では、今シーズン唯一の新モデル発表会となる。

KDDIの田中孝司社長

“au発表会 2014 Spring”

 田中社長は冒頭で、iPhoneが3キャリアから発売されるようになり、大きな転換期だったと2013年を振り返った。また、同じ端末が各キャリアから発売されるケースが多く、どのキャリアを選んでも同じなのではないか、というユーザーの声に応えるため、auがほかのキャリアとは大きく違うポイントを5つあげプレゼンを進めていった。

“au発表会 2014 Spring”

↑“エリアの広さ”や“料金プランのおトクさ”など、5つのポイントで、ほかのキャリアとの違いを強調。

 ひとつ目の違いは“エリアの広さ”。ここではまず、800MHz帯を使ったLTEの基地局整備について説明があり、エリアの拡大は昨年11月から0.1%きざみで進んでおり、2014年3月末までには実人口カバー率で99%を達成する。

“au発表会 2014 Spring”

↑800MHzのLTEエリアは、3月末には99%に達し、圏内なら3Gではなく、LTEでの接続がほとんど可能となる。

“au発表会 2014 Spring”

↑全国772大学、1186キャンパスすべてで調査した結果、すべてがLTE圏内。

 また海外ローミング時のLTE接続については、日本人の渡航者数が多い国や地域からローミングをスタートしており、海外でも高速通信が体験できる機会を増やしている。日本国内はもとより、海外でも速くてつながるLTE、とアピールしていた。

 一方で質疑応答では、低速&低価格のローミングサービスや、海外の現地SIMを使えるようにするSIMロック解除のサービスは検討中とこたえるなど、海外旅行を多くするユーザーへの対応はまだ万全とはいえない。

“au発表会 2014 Spring”

↑日本人渡航者が多い地域のうち、2位から5位まではLTEローミング可能。ランク外だが11位はシンガポールでここもLTEローミング対応地域だ。

 ふたつ目の違いは、欲しい機種があるかどうか。ここで、春モデルとして新しくスマホとタブレット、合計5機種が紹介された。

G Flex(LGL23)
Xperia Z Ultra(SOL24)
AQUOS PAD(SHT22)
AQUOS PHONE SERIE mini(SHL24)
URBANO(L02E)

 春モデルの傾向として、ユーザーのトレンドが大型ディスプレーを搭載したモデルに推移していることから、スマホ2機種は6インチ以上のファブレットとなった。

“au発表会 2014 Spring”

↑5インチ以上のスマホの稼働率が、毎月増加している。

“au発表会 2014 Spring”

↑湾曲ディスプレー搭載のLGエレクトロニク製G Flexはほかのキャリアにはないモデルだけに、田中社長のプレゼンにも力が入っていた。

 各モデルの詳細は、個別の記事を参照してほしいが、ファブレット2機種はほかのキャリアからはリリースされておらず、モデル選択の際の大きな違いとなっている。

“au発表会 2014 Spring”

↑冬モデルと合わせれば、12機種。ラインアップの充実さでも違いを見せるとのこと。

 3つ目の違いとしてあげられたのが、サービスの魅力について。ここでは、“auスマートパス”の拡充について、説明が行なわれた。今回は全体的に学生向けの新サービス拡充が多くみられた。質疑応答では、消費税率アップについての対策に関しても質問があったが、増税による駆け込み需要というのはあまり考えておらず、新学期の学生に向けてスポットをあてているという。

“au発表会 2014 Spring”

↑学生のauスマートパスユーザーは、おトクなクーポン券をゲットできる機会がさらに増えている。

“au発表会 2014 Spring”

↑1月16日から6月1日までの期間は、自転車向け保険も利用可能に。自転車事故で入院した場合適用される。

 4つ目の違いは料金について。ここではまず、“auスマートバリュー”の普及について説明が行なわれた。auスマートバリューのスマホ契約数は、1年間で1.5契約/世帯から1.9契約/世帯へと増加。おトクな料金プランで契約しているユーザーが増えてきている。

 さらに、春のキャンペーンとして学割の内容を改めて発表。前回採用された、学生の基本使用料無料とその家族の基本使用料無料、そしてauどうしの国内通話の無料という、“3つの無料”に加え、今回はauスマートパスも2014年12月まで無料になるという。

“au発表会 2014 Spring”

↑12月までと期間は決まっているが、月額372円のauスマートパスも無料で提供される。

“au発表会 2014 Spring”

↑発売中WiMAX2とLTEに対応した『Wi-Fi WALKER』では、月額1050円のハイスピードプラスエリアオプションが無料で利用可能。

 最後の違いは、サポートについて。こちらは“auスマートサポート”で提供されている“スマホお試しレンタル”や“イベント参加型スマホ教室”など、ほかのキャリアにはないサービスを引き続き提供していくとのこと。

 さらに1月31日からは、スマホの基本的な操作から、使用頻度の高いGoogleアプリなどの使い方を動画で学べる“au動画ガイド”もスタートする。

“au発表会 2014 Spring”

↑マニュアルを読んでもわからない、読むのがめんどうくさいというユーザーに、動画で使いかたをレクチャーする。

 以上の5つが、今回auの発表会でアピールされたほかのキャリアとの大きな違い。新端末の発表はあったものの、新しいサービスや料金プランの発表はなく、従来のサービスの拡充にとどまったのは残念だ。

 なお、発表会では新CMのお披露目も行なわれ、新CMキャラクターとして福士蒼汰さんが加わり、剛力彩芽さん、哀川翔さんとともに登壇。会社を舞台として引き続きドラマ仕立てのCMを展開していく。

“au発表会 2014 Spring”

↑auのCMに登場して3年目となる剛力彩芽さん。

“au発表会 2014 Spring”

↑CM内では社長役の哀川翔さん。auの魅力をしっかり伝えていきたいとのこと。

“au発表会 2014 Spring”

↑NHKの連続テレビ小説『あまちゃん』で種市先輩役を演じ大ブレイクした福士蒼汰さんもCMキャラクターに。

 さらに学割キャンペーンの2014年度新キャラクターとして、“モーニング娘。'14”に、森三中の大島美幸さんと黒沢かずこさん(村上知子さんは産休)が加わり、新ユニット“モリ娘。”を結成。すでに特設サイト(外部サイト)ではCMも公開されており、モリ娘。での新曲リリースも進行中だ。

“au発表会 2014 Spring”

↑哀川社長に頼まれた(という体で)、森三中のふたりを加えた新ユニットを発表した、プロデューサーのつんく♂氏(左)と、モー娘リーダーの道重さゆみさん(右)。

“au発表会 2014 Spring”

↑モリ娘。のお披露目だったが、大島美幸さんと黒沢かずこさんは欠席だったため、パネルでの参加。

 ファブレット2機種の登場以外は、大きなサプライズはなく、Firefox OS端末の登場も田中社長から“来年度内に発売”とアナウンスされただけにとどまった。そのため、今年の春商戦は、各キャリアによるLTEエリアの拡大やサービスの拡充がポイントだと言えるだろう。

●関連サイト
au

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking