2014年01月03日13時00分

Nexus7などをAndroid4.4(KitKat)にすべきか検証してみた

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 Nexus7やNexus10ユーザーのみなさま、新年あけましておめでとうございます。Android4.4こと“KitKat”にはもうアップデートされましたでしょうか。

 「アプデが来たら、即実行(のち即記事化)」がモットーの週アス編集部ですが、一般的なお話として、やはりアップデートには不安がつきものです。

KitKat ベンチマーク比較

 KitKatといえばOSの設計を見直し、RAMの使用量を抑えられており、512MBのRAMを搭載する端末でも問題なく動くと、発表時にAndroid公式ブログにて解説されています(外部サイト)。

 このように省RAM設計など、さまざまな点が改善・強化されたKitKatですが従来の端末はアプデすることによって、その恩恵を受けることができるのか各種ベンチマークアプリで確認してみました。

KitKat ベンチマーク比較

 比較対象は、現在日本で使えるKitKat端末であるNexus5、Nexus7(2013)、Nexus7(2012)、Nexus10をピックアップ(少し前に発売されたNexus4もアプデ対象です)。

 ベンチマークはそれぞれ平均値で、Nexus5とNexus7(2013)に関してはKitKatアプデによって利用可能な新ランタイム“ART”(開発者向け)に切り替えた場合でも実行しました。

●Geekbench 3

KitKat ベンチマーク比較

 CPUベンチマークアプリの最新版。各端末の最高の処理性能を評価するため、マルチスレッドのテスト結果を採用。バージョンの違いによる差はほとんど見られませんが、ランタイムの違いで性能差がハッキリ出ました。ART変更による性能の向上は十分期待できそう。

●Peacekeeper

KitKat ベンチマーク比較

 ブラウザー(Chrome)のJavascript実効性能を評価します。Nexus7(2012)ではやや差が大きいですが、そのほかはほとんど差が見られません。OSやランタイムの違いによるブラウザー性能差は少ないようです。

●3D Mark(Ice Storm Unlimited)

KitKat ベンチマーク比較

 Androidではゲームも広く利用されており、3D描画能力の高さも無視できない存在です。結果、OSの違いではKitKatでわずかに下がっているのに対し、ARTでは性能が向上する傾向が見られます。ゲームなどはARTで快適度が向上する可能性は大きいと思われます。

KitKat ベンチマーク比較

 ベンチマークで比べてみた結果を言えば、KitKatにアップデートしても処理が重くなるなどということはほぼないということでした。機能が増えたり、不具合が修正されることを考えればやはりアプデは必要です。非対応アプリやサービスなどを確認した上で、2014年はKitKatで快適なスマホ・タブレットライフを送りましょう。

●関連サイト
Android.com KitKat紹介ページ

 なお、現在発売中の『週刊アスキー1/7-14合併号(No.961)』(関連記事)ではKitKat攻略の特集を掲載しています。注目の新機能やARTのメリット・デメリットなど詳しく解説していますので、ぜひお買い求めください!

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking