2013年12月28日16時00分

プロじゃないけど新Mac Proが欲しい!って人が知っておくべき情報|Mac

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 「1月出荷」と言われていた新Mac Proですが、国内の一部店舗で発売されました。もちろんMacPeople編集部ではいち早くゲットしてきましたよ。やっぱり実物にはなんともいえない迫力がありますね。

 しかし、Appleもなんちゅうタイミングで出してきますかね! あと3日早く入手できていれば、本誌でももっと詳しく紹介できたのに……。まあ米国のホリデーシーズンを考えても遅すぎなので、何らかのトラブルで量産が間に合わなかったのかもしれません。
 

物欲を刺激する新Mac Pro

131227_moro_kanto_03

 実機を見ると、まず「欲しい!」と思います。その後価格のことを思い出して「やっぱ無理かな……」とガッカリします。人って、すごくカッコいいもの、独特の存在感を持つものに接すると、ほとんど反射敵に物欲を刺激されるじゃないですか。スパーカーなんて、まさにその代表ですよね。

 新Mac Proは、そういう系です。買えるかどうか関係なしに、見たら無性に所有したくなる。背面のインターフェース周りが白く光るさまなんて目の当たりにした日にゃ、誰だってググッときちゃいますよ。

131227_moro_kanto_

 一方、現実に戻って考えてみると、最低価格31万8800円の極めて高価なマシンです。モニターもキーボード・マウスもなし。本体のみでこの価格ですからね。Mac Proにふさわしいカッコいいモニターも一緒にとなると、軽く40万円を超えてしまいます。

 さらに、CTOオプションでSSDやメモリーの増やしたりなんかすると、恐ろしいことになります。ちなみに、CPU、GPU、メモリー、SSDの4項目をフルスペックにすると、それだけで100万円オーバーです。

131227_moro_kanto_

 いやでも、それでも欲しい、という人もいるでしょう。ボーナスが出てフトコロが温かい人なんかは特に。オッケー、それでいいんです。たとえオーバースペックであろうとも、買いたいし買えるというのであれば、バーンと行っちゃいましょう。

 そんな人たちをサポートすべく、MacPeople 2月号では新Mac Proの賢い買い方について巻頭で特集しております。新Mac Proがどんなポテンシャルを秘めたマシンで、購入時にはどういう点に気をつけたらいいのか。ぜひお手に取って参考にしていただければ幸いです。

 ほかにも、第1特集「Mavericks搭載MacBookで作る最強Windowsマシン」ではMacBookシリーズをWindows 8マシンとして使う方法を紹介。OS XとWindowsの両刀遣いの人や、WindowsからMacへの乗り換え組みの人向けのテクニックも満載です。そのほか、iPhoneデベロッパーへのアンケートやインタビューに基づく第2特集、MacやiOSデバイスのセキュリティーに関する第3特集など、なんと8本もの特集を掲載。お買い得感満載の1冊となっております。

 また、Newsstand版を申し込めば、新型Mac Proの最速ベンチマークや分解写真の号外速報記事として読めますよ!

MacPeople2月号はMac Proが目印
MacPeople2月号
Amazonで購入は表紙をクリック

MacPeopleはNewsstandでも配信中
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円!

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking