2013年12月20日23時00分

KADOKAWAコミックが『LINE マンガ』に登場

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
1220linecomic

 KADOKAWAは12月20日、『LINE』連携電子コミックサービス『LINE マンガ』に、電子書籍コンテンツの配信を開始しました。

 12月20日から26日までの期間は、KADOKAWAマンガ配信記念として、一挙38冊が最大71%オフにキャンペーンを実施中。『デッドマン・ワンダーランド』1巻、『未来日記』1巻など期間限定で無料配信も実施中です。

1220linecomic
1220linecomic 1220linecomic

 以下プレスリリースです。

KADOKAWAが「LINE マンガ」へのコンテンツ提供を開始

株式会社KADOKAWA(東証一部 9477、代表取締役社長:佐藤辰男、本社:千代田区、以下KADOKAWA)は、LINE株式会社(代表取締役社長:森川 亮、本社:渋谷区、以下LINE)が運営するLINE連携電子コミックサービス「LINE マンガ」に対して、電子書籍コンテンツ(コミック)の配信を2013年12月20日から開始いたします。

今回、KADOKAWAは、「LINE マンガ」へコンテンツを提供することで、累計900万部突破の人気コミックス『テルマエ・ロマエ』(著:ヤマザキマリ)や、テレビアニメでも高い人気を博している『ストライク・ザ・ブラッド』(原作:三雲岳斗 作画:TATE キャラクターデザイン:マニャ子)、『東京レイヴンズ』(原作:あざの耕平 漫画: 鈴見敦 キャラクター原案: すみ兵)、2014年1月よりアニメ放送予定の『となりの関くん』(著:森繁拓真)や『いなり、こんこん、恋いろは。』(著:よしだもろへ)など、メディアミックスタイトルを多数含む人気コミックスを、より多くのお客様に楽しんでいただくことが可能になりました。

なお、「LINE マンガ」へのコンテンツ提供に際しては、株式会社メディアドゥ(東証マザーズ 3678、代表取締役社長:藤田恭嗣、本社:名古屋市、以下メディアドゥ)のコンテンツ配信システム「md-dc」※を活用しています。

※コンテンツ配信システム「md-dc」について
メディアドゥが提供する「md-dc」は、コミックや小説、雑誌、写真集など各出版社から提供される様々な書籍をデジタル化した電子書籍データファイルを格納し、配信致します。また、配信後は 配信実績に基づき売上集計や各出版社へ支払う著作料集計、及びそのレポートの出力が可能です。なお、各出版社への著作料支払いは当社が一括して行いますので本システム導入企業様の手間はほとんどかかりません。本システムは電子書籍コンテンツに限らず、音楽コンテンツ、映像コンテンツ、着せ替えコンテンツなども格納・配信する事が可能となっております。

■Android版のダウンロード先はこちら
 Google Play価格:無料

LINE マンガ

■iPhone版のダウンロード先はこちら
『LINE マンガ』
App Store価格:無料

AppStore アプリをダウンロード

●関連サイト
KADOKAWA(プレスリリース)

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking