2013年11月14日13時30分

脅威の9枚ブラケット高速連写『EXILIM EX-10』カシオが発表

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

『EXILIM EX-10』
●カシオ
●予想実売価格 8万円前後
11月29日発売予定

EX-10

 元祖“高速連写”といえばのカシオから、またまた高速連写を生かした高級デジカメが登場した。開放F1.8からの明るいレンズに、1/1.7型の裏面照射型CMOSセンサーを搭載。最近の高級機モデルから、突出したスペックではないが、高級機モデルらしく、暗所撮影に強く、ボケ味も楽しめる。

EX-10

 第一の特徴といえるのが、そのスペックを備えつつの、ユニークな撮影機能。

EX-10

 “プレミアムブラケティング”と名付けられた機能は、1回のシャッターで、フォーカス位置を3段階、絞りを3段階変えて高速連写する、という前代未聞の機能。上の写真の液晶部分にチラッと写っているが、2種類のパラメーターを同時に3枚、合計9枚連写するのだ。明るさやホワイトバランス、ISO感度にコントラストと組み合わせは自由自在。

 今回の『EX-10』で取り組んだのは、“高速連写のハイスピードで作品づくりをする”という試み。作品づくりというと構えてしまうが、何枚も撮ってるうちに、最初に思い描いた画とは、ちょっと外れることで目線が変わり、グッと良くなることは多い。というのを狙った機能だそう。

 確かに、撮っても「何か違う」ってのを感じて、いろいろ迷って設定を変えてるうちに、ワケがわかんなくなる……そう、オレのような人にもオススメかもしれない。

EX-10

 ボディーも自分撮りやウエストレベル、ロー/ハイアングルと撮影シーンが広がる、チルト液晶を搭載。

EX-10

 さらに、自分撮り上級者必見の機能、自立スタンドも装備。

EX-10

 それと、写真ではわかりにくいかもですが、国内製品では珍しく大きい3.5インチ液晶を搭載。

 

EX-10

 他社の高級機とはちょっと違った路線で攻める『EX-10』。プレミアムブラケティング、どういう組み合わせがいいか悩みつつ、11月29日の発売を待ちましょう!

■SPEC
有効画素数 1200万画素
撮像素子 1/1.7型裏面照射型CMOSセンサー
レンズ 光学4倍、F1.8-2.5、35ミリ換算28~112m
液晶 3.5インチチルト式(約92万ドット)
無線通信 内蔵

■関連サイト
カシオ

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking