2013年11月02日13時00分

MacBook Air/Pro Retina、iMac、Mac Pro、最新機種の中を見る|Mac

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 Macの各モデルの世代交代が進み、Haswell搭載機がブイブイ言わせています。Mac miniが置き去りなのが気がかりですが……。近々Macを買おうと思っている人のために、各モデルの内部構造(アーキテクチャー)を見ていきましょう。

iMac

131102_moro_1toku

 上の写真は、iMacの27インチモデルのロジックボード。全モデルがクアッドコアのCore i5プロセッサーを搭載しており、27/21.5インチの上位モデルはCTOオプションでより高性能なCore i7を選択可能です。

 27インチモデルは4基のメモリースロットを装備しており、最大32GBを搭載可能。一方21.5インチは、スロット2基で最大容量は16GB。また、27インチはユーザーによるメモリーの交換・増設が容易なのに対し、
21.5インチは内部にアクセスしにくくメモリーの交換・増設が困難という違いがあります。
 

MacBook Air

131102_moro_1toku

 上の写真は、MacBook Airの13インチモデルのロジックボードです。GPU機能とチップセット機能を統合したプロセッサー「Core i5-4250U」を採用しているため、部品点数が少なく極めてシンプルな構造になっています。

 メインメモリーにはLPDDR3 SDRAMを採用。このメモリーは動作電圧が1.2Vと、前モデルのDDR3L SDRAM(動作電圧1.35V)よりさらに消費電力が少ないのが特徴です。
 

Mac Pro

131102_moro_1toku

 12月発売予定のMac Proはまだ実物の写真はありません。上の図は、Mac Proのアーキテクチャーの模式図です。Mac Proはサーバー向けのCPUである「Xeon E5」プロセッサーを採用しており、ほかのMacとはかなり仕様が異なります。

 標準で4コアもしくは6コアのCPUを搭載。CTOオプションで12コアを選べます。チップセットは独立した「Intel 8 PCH」を採用。USB 3.0やLANポート、Wi-Fiなどの各種インターフェースをこのチップでコントロールします。

131102_moro_1toku

 さらにすごいのが、デュアルGPUが標準のマシンであること。「AMD FirePro D300」または「同D500」をそれぞれ2基搭載し、各GPUに容量2GBまたは3GBのビデオメモリーを搭載。2テラFLOPS超の演算性能を誇る、まさにモンスター級のマシンです。
 

MacBook Pro Retina

131102_moro_1toku

 上は、15インチMacBook Pro Retinaの上位モデルのアーキテクチャー模式図。このモデルのみ、標準で独立GPUを備えています。15インチの下位モデルはCPU内蔵の描画機能「Iris Pro Graphics」を、13インチはワンランク下の「Iris Graphics」を採用することで差別化しています。

 なお、13インチモデルは基本構造は15インチモデルに準じますが、CPUや描画機能、ストレージ容量などの各スペックが15インチよりもワンランク低いイメージです。
 

MacPeople 12月号で特盛り解説!

131102_moro_1toku

 絶讃発売中のMacPeople 12月号では、第1特集でこれら現行Macの内部構造をより詳しく解説しています。各モデルのアーキテクチャーの違いを知ることで、自分が買うべきモデルが自ずと絞られてくるはずです。近々Macを買おうかなと思っている人は、ぜひとも参考にしてみてください。

12月号はOS X Mavericks特大ガイド
MacPeople12月号
Amazonで購入は表紙をクリック

 さらに12月号では、最新OS Xである「Mavericks」ついて150ページ以上にわたって徹底解説しています。また巻頭特集では、iPhone 5s/5cに続いていま最もホットなモバイルデバイスであるiPad AirやiPad mini Retinaにズームイン。厚みも先月号に引き続き、通常号の倍! お腹いっぱいになれる1冊です。

MacPeopleはNewsstandでも配信中
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円!

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking