2013年10月26日13時15分

PlayStation Vita TVに触ってわかった ゲーム以外の多彩なコンテンツに注目

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 11月14日にソニー・コンピュータエンタテインメント(以下、SCE)から発売予定の新型ゲーム機『PlayStation Vita TV』(以下、PS Vita TV)。その発売を前に開催されたメディア向け体験会にて、本体を触る機会を得たので、PS Vita TVがどんなハードで、なにができるのかをレポートしていこう。

『PlayStation Vita TV』体験会
『PlayStation Vita TV』体験会 『PlayStation Vita TV』体験会

 改めて説明すると、このゲーム機は携帯型ゲーム機『PlayStation Vita』の据え置き機版とでもいうべきもの。本体をテレビに接続して、PlayStation 3用のワイヤレスコントローラーDUAL SHOCK3を使うことで、PS Vita用のゲームや各種エンターテイメントサービスを楽しめる。スマホサイズの小ささと、本体のみで9954円、コントローラーやメモリーカードなどを同梱したバリューパックは1万4894円という低価格ぶりも特徴だ。

『PlayStation Vita TV』体験会

↑胸ポケットにすっぽりと入るサイズ(65(W)×105(H)×13.6(D)mm)。持ち運んで出先のテレビに接続、なんて楽しみ方もできそう。

『PlayStation Vita TV』体験会

↑本体左側には端子類がズラリ。左から電源ボタン、メモリーカードスロット、USB端子、HDMI端子、LAN端子、ACアダプター端子。

『PlayStation Vita TV』体験会

↑PS Vita用のソフト(PS Vitaカード)は、本体底面にあるスロットに挿入。ダウンロード版ソフトのネット購入にも対応している。

 細かなスペックは公式サイトで確認いただくとして、実際にPS Vita TVを触ってみて最も好印象だったのが、サクサク動くという点。メニューまわりの動作はゲーム機らしく、とても軽快。さらにスタンバイモードも備えているので、電源オンで即操作が可能。いわゆる“次世代ゲーム機”の場合、電源投入からゲームを遊びはじめるまでは短くても1分程度かかるのに対して、電源オンしてすぐにメニューが表示できることは、特にテレビにつなぐデジタルエンタメ機器としては大きなアドバンテージといえるだろう。

『PlayStation Vita TV』体験会

↑PS Vita TVのメニュー画面。電源アイコンがあるなど、PS Vitaとはちょっとだけ異なる。

『PlayStation Vita TV』体験会

↑こちらはPlayStation Storeの画面。ソフトやアプリの購入、ダウンロードが行なえる。

PS Vita向けの1300以上ものタイトルが大画面で楽しめる

 ゲーム機としてのPS Vita TVは、当然ながらPS Vita用タイトルのプレイが可能。体験会に用意されていた『GOD EATER2』は、なんの不自由もなくプレイできた。アドホックモードでほかのPS Vitaと接続してマルチプレイをすることも可能だ。ただし、PS Vita TVにはない機能(ジャイロセンサーなど)を使うタイトルについては、残念ながら未対応となっている。前面と背面のタッチ操作については、コントローラーのアナログスティックを押し込んで、擬似的に行なうようになっている。

『PlayStation Vita TV』体験会

↑PS Vita向けのタイトルを大きな画面で楽しめるのは新鮮。会場に用意されたのは、なんと65インチの4Kブラビア! PS Vita TV本体が豆粒のよう。

『PlayStation Vita TV』体験会

↑初代PlayStationのゲームをダウンロード購入できる『ゲームアーカイブス』にも対応。コントローラーを2台まで接続できるので、2人プレイも楽しめる。

『PlayStation Vita TV』体験会

↑HDMI端子を備えているのでヘッドマウントディスプレーでのプレイも可能。写真のHMDはソニーのHMZ-T3W。

 ゲーム関連の機能として目を引いたのが、PlayStation4(以下、PS4)のリモートプレイ。これは、離れた場所で動作しているPS4の画面を、インターネット越しにPS Vita TVに映し出してプレイできるというもの。会場では実際にPS4向けタイトル『KNACK』をリモートプレイで試せたが、ゲームにならないほどの遅延は感じられず。画面の解像度こそ高くはなかったが、“リビングに置いてあるPS4を自室から操作する”くらいの用途なら充分に使えそうな印象だった。本体発売後のアップデートで提供される機能となるので、今後のブラッシュアップに期待したい。

『PlayStation Vita TV』体験会

↑PS4のゲームを遠隔地からプレイ可能なリモートプレイ。遅延は数フレームレベルとなかなかのもの。

nasneとの連携でもサクサク!動画配信など各種エンタメサービスも充実

 ネットワークレコーダー『nasne』との連携も強力なものだ。専用アプリケーション『torne PlayStation Vita TV』を用いて連携を行なうのでレスポンスはたいへんよく、nasneに録画された映像の操作(再生・早送り・巻き戻しなど)をHDDレコーダーと変わらない感覚で行なえた。なお、『torne PlayStation Vita TV』は通常800円だが、11月14日~2014年1月15日は無料で配信されるとのことだ。

『PlayStation Vita TV』体験会

↑専用アプリの導入で、nasneをより快適に使える。インターフェースはPS3用アプリとほぼ同じ。

 また、動画配信や電子書籍などのデジタルコンテンツも楽しめる。以下にリスト化したものに加え、『Hulu』や『U-NEXT』といったサービスも提供を予定している。また、ほとんどのサービスで無料の専用アプリケーションが用意されているので、専用インターフェースによるストレスのない操作が体験できそうだ。また、音楽配信サービスでは、バックグラウンド再生に対応したものもある。

『PlayStation Vita TV』体験会

■動画配信
PlayStation Store(ビデオ)、TSUTAYA.TV、ニコニコ動画、DMM.com、スカパー! オンデマンド、テレビドガッチ、世界遺産

『PlayStation Vita TV』体験会 『PlayStation Vita TV』体験会 『PlayStation Vita TV』体験会
『PlayStation Vita TV』体験会 『PlayStation Vita TV』体験会 『PlayStation Vita TV』体験会

■音楽配信
MUSIC UNLIMITED、radiko.jp、JOYSOUND TV(USBマイク対応)

『PlayStation Vita TV』体験会 『PlayStation Vita TV』体験会

■電子書籍
Reader Store

 ほかにも、ウェブブラウザーやTwitterといったネットサービス用アプリも用意されている。テレビに接続するデジタルエンタメ機器はすでにいくつか登場しているが、「リッチなゲームも楽しみたい!」という人にとっては、PS Vita TVはかなりナイスな選択肢となりえるハードとなり得るだろう。

『PlayStation Vita TV』体験会

■関連サイト
ソニー・コンピュータエンタテインメント

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking