2013年10月16日15時00分

ソニー、全域F2.8の最強一眼サブデジカメ『サイバーショット RX10』発売

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

『サイバーショット DSC-RX10』
●ソニー
予想実売価格 13万円前後
11月15日発売

RX10

 1インチの裏面照射型CMOSセンサーを搭載した高級機。有効2020万画素、35ミリ換算で24~200mmの光学8.3倍ズームを備え、ガッチリと構えられる一体型を採用。

RX10
RX10

 注目はレンズの明るさ。24~200mmの全域でF2.8通しとなる。一眼ユーザーのサブ機としてピッタリの1台。

RX10

 最短3センチのマクロ撮影に対応し、200mmのテレ側でも30センチで撮れる。手ブレ対策には、これまで一眼カメラ用に使用されていた“ダイレクトドライブSSM”を一体型で初採用。ボディーはマグネシウム合金製で、防滴防じん機構。

RX10

 レンズ横に、絞りリングの操作を切り替えるスイッチや、有機ELで144万ドットのファインダー、そして、スマホ連携のWiFiおよびNFCも装備するなど、カメラ機能に抜かりナシ。

RX10
RX10

 撮影の幅がぐーんと広がりそうな1台。登場が待たれます!

●SPEC
有効画素数 2020万画素
撮像素子 1型裏面照射型CMOSセンサー
レンズ 光学8.3倍ズーム、F2.4、35ミリ換算24-200mm
画像処理エンジン BIONZ X
ISO感度 125-12800
動画 1920×1080ドット(AVCHD)
液晶 3インチチルト式(122.9万ドット)
無線通信 WiFi、NFC
サイズ/重量 129(W)×102.2(D)×88.1(H)mm/約813g(撮影時)

■関連サイト
ソニー

 

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking