2013年10月11日22時30分

身につけて飛んで走って撮りまくる、アクションカメラに大注目!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

週刊アスキー10月22日号に掲載の特集「アクションカメラ超活用術」では、『GoPro』に代表される、身につけて自らアクションシーンが撮影できるアクションカメラに注目。特にソニーの最新モデルを重点的に取り上げているぞ。

951-actioncam 951-actioncam
951-actioncam 951-actioncam

アクションカメラは今最もホットなデジカメ!

 海や山岳、そして空中で──さまざまな迫力あるアクティブシーンの動画が、世界中からYouTubeなどにアップされている昨今。アクションカメラは、今やアウトドア撮影に欠かせない。さらにフルHD撮影は当たり前。小型・軽量化も進み、ウェアラブルカメラとしても扱いやすい。ソニーやGoProからは最新機種が登場するなど、アクションカメラは、アウトドア派を中心に注目のアイテムなのだ。

 

951-actioncam_p1

 

週アスのナベ子もウェアラブルカメラとして活用

951-actioncam

↑ヘッドマウントキットなどを利用すれば、両手が自由に使えるだけでなく、より視線に近い映像が撮れる。

 

国内外のメーカーから登場しているアクションカメラ

951-actioncam_p2BB

 

ソニー『アクションカム』を持ち出して迫力ムービーを撮る!

951-actioncam_p4 951-actioncam_p3

 

週刊アスキー10月22日号に掲載の特集『アクションカメラ超活用術』では、ソニー『Action Cam HDR-AS30V』の特徴や機能の詳細のほか、「日本アルプスでロッククライミング」、「東京マラソンのコースをチェック」、「アトラクション施設で空中浮遊」といった活用例を交えながら、アクションカメラの刺激的でおもしろい用途を展開。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking