2013年09月26日21時00分

iOS7のアプリ自動アップデートをWiFi接続時のみ実行させる|Mac

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 iOS7から追加された、アプリの自動アップデート機能。iOS7対応のアプリが急速に増えているいま、気が付いたら最新の状態になっているというのはとても便利です。

ios7_update
ios7_update

 iOS6では常にバッジがついていたApp Storeアイコンが、いまでは0件でスッキリです。

ios7_update

 アップデートした日など履歴も表示されるので、どのアプリがいつ最新になったかもわかります。

 ただし、WiFi環境が自宅にしかない場合は、日中や出先では3G/4G(LTE)回線を使ってアップデートしていることになります。

 つまり、大量にアプリをインストールしていると、頻繁にアップデートを実行していることになり、各キャリアが設定している「7GB以上の通信での速度制限」に引っかかる可能性があるということです!

ios7_update

 これを解決するのは簡単。「設定」アプリの「iTunes&App Store」で設定を見直せばいいのです。ここでは、アプリだけでなくほかのデバイスで購入した音楽、アプリ、本の自動ダウンロード設定もできます。

ios7_update

 「自動ダウンロード」の「アップデート」をオフにしてiOS6までのように手動でのアップデートに切り替えてもいいですが、やっぱり便利な機能は活用したいですよね。「モバイルデータ通信」をオフにしておけば、WiFi環境にいるときのみアップデートを実行してくれますよ。

 職場などにWiFi環境がない方は、ぜひお試しくださいね!

MacPeopleはNewsstandでも配信中
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円!

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking