2013年09月12日15時30分

Iris Pro内蔵BRIXにHP&エイサーのHaswell Chromebook:IDF2013

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
IDF2013

 IDF2013の2日目は、Bay Trailで大盛り上がりでしたが、展示ブースでも初日とは異なる展示も多数見かけました。なかでも注目は、Core i7-4770R搭載のギガバイト製ベアボーンPC『BRIX』。

IDF2013

 Core i7-4770Rと言えば、内蔵GPUはIntel Iris Pro graphics 5200(EU数40基のGT3e)でHaswell世代では最上位のグラフィック性能を発揮するはず。プレイデモでは高画質なレースゲームをガンガン動かしておりました。

IDF2013 IDF2013 IDF2013

 スタンダードなBRIXと比べ、かなり分厚めのボディーですが、このサイズでグラボいらずってのは魅力的です。11月か12月に販売するそうです。

IDF2013

 Haswell世代になったChromebookの展示もありました。しかしながら、展示製品はHPとエイサーだけで、新たに加わった東芝や新ChromeboxのASUS機はありませんでした。残念。

IDF2013 IDF2013
IDF2013 IDF2013

 HPのChromebookは14インチ(1366×768ドット)で、CPUはどちらもHaswell世代のCeleron 2955U(2コア2スレッド、1.4GHz、Intel HD Graphics)。

IDF2013 IDF2013

 カラーバリエーションがあるようで、会場では3色確認。いずれも角っこのChromeマークがクールです。

IDF2013

 エイサーは11.6インチ(1366×768ドット)ディスプレーを採用したミニChromebook。

IDF2013 IDF2013

 CPUはやはりもHaswell世代のCeleron 2955U(2コア2スレッド、1.4GHz、Intel HD Graphics)です。

IDF2013

 しかしながら、東芝がChromebookを出すとなるとがぜん国内販売の可能性が濃くなってまいりましたね。5万円以下の市場では、Chromebook、Bay Trail-Mノート、Bay Trail-Tタブレットwithキーボードの3つ巴なんてこともあるかもしれません。

IDF2013

 Bay Trailの概要やパートナー各社を紹介するメガブリーフィングでは、Bay Trailのシリコンウェハーをお披露目。

IDF2013

 デルの8インチBay Trailタブレットは重さ400グラムで厚さは9mm。

IDF2013

 IFAでお披露目となった東芝のEncoreも登場。こちらは国内販売に期待がかかります。というかもちろん販売するでしょう。これは。

IDF2013

 またまたカーレースですが、Bay Trailのゲームデモです。え?これ本当にAtom?って疑うほど、非常になめらかに動いてました。

IDF2013

 それもそのはず、Bay Trailの3D性能は前世代の6倍以上。胸が高鳴ります。

IDF2013

 Bay Trailタブレットのリファレンスデザインも本日から会場に展示されました。右の10インチがWindows8.1、左の8インチがAndroidでいずれも触った感触は快適そのもので、動作に余裕すら感じました。タブレットシーンを塗りかえる、そんな予感がビンビン感じるデキ。あとはメーカーの独自カスタムと価格付け次第。さて、楽しみになってまいりました。

■関連サイト
IDF2013

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking