2013年09月10日22時45分

HTCとファーウェイは新モデル発表せず:IFA2013

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 日本でも馴染みのあるHTCとファーウェイですが、残念ながらどちらのメーカーもIFA2013に合わせた新モデルの発表はなし。両者とも現行の最新モデルを展示するにとどまっていました。

●HTC

htc001
↑HTC Oneの展示をメインとしたコンパクトなHTCブース。

 HTCは、同社のフラッグシップモデル『HTC One』の新色“ビビッドブルー”を日本でも発売された“レッドメタル”と合わせて展示してました。スペックなどは従来モデルと同じですが、OSは4.3へアップデートされています。

htc002
↑ベゼルの部分も鮮やかなブルーで塗装されている。
htc003
↑黒のラインがアクセントとなっており、ガンダムのグフ的な色合い。ザクとは違うのだよ。
htc004
↑同じく展示されていた“レッドメタル”モデル。シャアザク的な配色です。
htc005
↑『HTC One』をひとまわり小さくした『HTC One mini』も展示していました。
htc006
↑狭額縁ということもあり横幅は63.2ミリ。『HTC One』よりも細長いシルエットです。
htc007
↑『HTC One』(写真左、写真右)と『HTC One mini』(写真中央)の比較。全体的なデザインは同じです。

 欧州の卸業者によるブースでの展示のため、新色ビビッドブルーモデルとHTC One miniの日本展開の詳細は不明。とはいえ、ビビッドブルーもレッドメタル以上に鮮やかで高級感のあるデザインなので、日本でも発売されれば注目を集めそうです。

●ファーウェイ

 ファーウェイのブースも、発表済みの最新モデルを中心に展示していました。特に注目を集めていたのが、iPhoneソックリと話題になった『Ascend P6』(関連記事1関連記事2)です。

ファーウェイ001
↑現行モデルの展示がメインのファーウェイブース。商談スペースも用意されていた。
ファーウェイ002
↑4.7インチ(720×1280ドット)のディスプレーを搭載した『Ascend P6』。
ファーウェイ003
↑サイドのデザインは、iPhoneふう。大丈夫なんでしょうか?
ファーウェイ004
↑背面はガラスではなくメタル素材。本体下部は丸みを帯びた処理がされています。

『Ascend P6』はハイエンドモデルですが、デュアルSIMスロットなどを採用しているため、中国や東南アジアの市場がメイン。6月の発売から特にアナウンスがないため、日本での発売は期待が薄そうです。このほか、同社のWindows Phone『Ascend W2』やLTE対応の10インチタブレット『MediaPad 10 Link LTE』も展示していました。

ファーウェイ005
↑同社のWindows Phone8スマホの第2弾となる『Ascend W2』。4.3インチ(768×1024ドット)のコンパクトサイズ。
ファーウェイ006
↑本体カラーは写真のブルーのほかブラック、ホワイト、イエロー、レッドと5色展開。
ファーウェイ007
↑10.1インチ(1280×800ドット)ディスプレーを採用した『MediaPad 10 Link LTE』。LTEは下り最大150Mbpsのカテゴリー4に対応しています。

●関連サイト
HTC japan
ファーウェイ ジャパン

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking