2013年09月10日11時00分

ウィンドウズPC間でソフト共有がはかどるSynclogueが無料提供

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
Synclogue

 iOSやAndroid端末は複数台持っている場合、同じアカウントでアプリを共有するのは当たり前ですが、それをWindows PC間でもやってしまおうというクラウドサービス『Synclouge』。もちろんインストールの制限はソフトメーカーによるところなので、有料ソフトはどうすればいいのかなど、まだまだサービスとして不完全な面がありますが、このたび2014年夏の正式サービス開始に向けて、Synclogueはベータ版の無償提供(容量10GB)を開始しました。

 Synclogueの使い方はまずアカウントを作成し、クラウドで共有したいソフトがインストールされているWindows PCにクライアントツールをインストール。クライアントツールを起動してログインし、共有したいソフトを指定して、クラウドに同期。その後は、別のWindows PCにもクライアントツールを入れてログイン。クラウドから共有したいソフトをダウンロード&インストールすればオーケー。

 Synclogueはソフトの設定まで共有してくれるので、常に最新の設定を施したソフトの状態で別のPCにインストールできるので、FTPソフトやテキストエディター、メーラーなど、例えば新しくPCを購入したときに設定作業がめんどうなソフトで役立ちます。しかしながらまだベータ版ということで、実際に共有してうまくいくソフト、うまくいかないソフトがはっきりしていません。来年夏の正式サービスインまでにはさまざまなソフトメーカーから同期の許諾を取り、正式サポートソフトが増えることに期待しましょう。

■関連サイト
Synclogue

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking