2013年09月08日18時30分

Macで打ち間違えた文字は「英数」「かな」キーの2回押しで逆回転!|Mac

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 みなさん、こんばんは。MacPeople編集部・編集長の吉田でございます。今回はMacのJISキーボードに備わっている便利な逆回転機能を紹介します。

 現在、Macを買うとキーボードの配列は自動的にJISになります。古くからのMacユーザーはUS配列のキーボードを好む傾向が強く、私も数年前まではUSキーボード派でした。

MacBasic

 US配列の場合は、スペースキーの両脇が「command」キーになります。

MacBasic MacBasic

 JIS配列の場合は、スペースキーの両脇が「英数」「かな」キーになります。どうしてJIS配列に乗り換えたのかといえば、この「かな」「英数」キーがあったからです。「かな」を押すとローマ字/かな入力、「英数」を押すと半角英数入力モードに切り替わります。

 US配列の場合でも「command」+スペースキーで入力スクリプトを切り替えられるのですが、こちらはトグル式なのでローマ字/カナ入力時に「command」+スペースキーを押すと半角英数入力モードになり、もう一度「command」+スペースキーを押すとローマ字/カナ入力に戻ります。JIS配列なら、直前の入力モードはどちらであっても、「かな」を押せば必ずローマ字/カナ入力に、「英数」キーを押せば必ず半角英数入力になるのです。

 とはいえ、US配列を10年以上使い続けてきたので、これだけの違いならキー配列が微妙に異なるJIS配列へは乗り換えなかっでしょう。もうJISでいいやと思ったのは、「かな」「英数」キーの2回押しによる逆回転機能が搭載されたからです。

MacBasic MacBasic
MacBasic MacBasic

 この機能を使えば、半角英数を打ち込むつもりが間違えてローマ字/カナモードで入力してしまった場合に、ローマ字/カナモードをなかったことにしてくれます。具体的には、「youtube」と入力したいときにローマ字/カナモードで打ち込むと「ようつべ」になりますよね。Macのキーボードではこの「ようつべ」を「英数」キーの2回押しで「youtube」に変換してくれるのです。もちろん逆もオッケーで「appuru」と打ち込んで「かな」キーを2回押すと「あっぷる」に変換してくれます。

MacBasic

 ちなみに、US配列はキートップの刻印が英字だけのシンプルなデザインを気に入っていましたので、現在使っているキーボードはカナ刻印がない『Happy Hacking Keyboard Lite2 for Mac』です。

 MacPeople10月号の「Mac基礎講座」では、Macの文字入力の基本を詳しく紹介しています。Windowsからの乗り換えユーザーは必見の内容になっていますので、ぜひチェックしてみてください。そのほか、マウスやトラックパッドの設定方法、お勧めオンラインウェアとして便利なポップアップメニューを追加する「PopClip」、便利ウェブサービスとしてあとで読むサービスの「Pocket」を紹介しています。


 MacPeople10月号は実寸大Mac Proが表紙。これは業務用3Dプリンターを使って制作したもので、「驚くべき3Dプリンターの世界」特集で詳細な制作過程を紹介しています。そのほか、OS X MavericksやiPhone 5S/5Cへの乗り換え時に役立つ「データ丸ごと引っ越し術」、アカウントの乗っ取りや個人情報の流出などの事件が後を絶たないSNSのセキュリティー対策をまとめた「本当はすごく怖いSNSのセキュリティー大全」などの特集もあります。

(2013年9月8日17時20分追記)表記ミスを修正しました。

10月号はMac Proの表紙が目印
MacPeople10月号
Amazonで購入は表紙をクリック

MacPeopleはNewsstandでも配信中
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円!

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking