2013年09月07日20時00分

iTunesで観たい9月前半の新作映画 キャビン、ゴーストライダー2|Mac

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 MacPeopleのスタッフがお勧めするiTunes Movieタイトル、今週は9月前半の新作です。三宅デスクは、大風呂敷を広げて畳まないどんでん返しが好きな制作陣のホラー映画「キャビン」を。吉田編集長は、アメコミ大好きなニコラス・ケイジがノリノリで演技するアクション映画「ゴーストライダー2」をご紹介!

キャビン
キャビン

 8月は大作ロードショーが連投されたおかげで、毎週末IMAXに通って日中過ごし、生っ白い手足で夏を乗り切りましたよ! IMAXは劇場が遠いので、歌舞伎町のコマ劇跡はTOHOシネマズになることだし、ミラノ座は109シネマズにしてもらいたいですよね。

 さて、今回は百番煎じくらいマンネリのホラーシチュエーションを、予想外の展開にもっていく「キャビン」です。突っ込んだら負けくらいの、強引な場面展開はホラーが苦手な人にもオススメ。

 なにせあらるゆホラーのお約束を詰め込んでいるので、「あるある」と笑いながら観られる。冒頭はバカっぽい大学生が5人で山奥の小屋に行くところ。男性陣は熱血、真面目、馬鹿、女性陣は淫乱と処女のセットという、RPGのような全ジョブを揃えた定番構成だ(これには理由がある)。もちろん、パンツ見せ見せでの登場。

 途中で老人の「あの山から戻ってきた者はいない」という忠告ももちろんある。当然、ガン無視で小屋を目指し、あまつさえ湖で泳いじゃったりするのだ。このへんは「13日の金曜日」のクリスタルレイクのシーンだ。そして夜になって飲んだくれていると突然床の扉が開き、さして迷わず「上等」とばかりに入っていく。普通、そのカウチで二度と開かないようにするのに、全員、鉄の心臓すぎ。

 そこには怪しい置物がたくさんあり、全員が手に取ったグッズをいじる。オカリナを吹こうとしたり、パズルボックスを押そうとしたその時! 処女が古い日記を読んで間一髪セーフ。しかし、ラテン語で書かれた召喚の呪文を、制止を振り切って読み(ありがとう!)、かつての小屋住人である殺戮一家のゾンビが蘇るのだ。「死霊のはらわた」ですね。ちなみにパズルボックスを選択すると、頭に工具が刺さったのが出てくるので「ヘル・レイザー」展開になる。

 ここまではよくある展開(※)。

 実はこの模様は地下施設でモニターされていて、どのモンスターを選択するか全職員が賭けをしている。熱血と淫乱が仲良くお外で一戦交えようとすると、森の温度を上げて脱がせたり、月夜の明るさを上げてロマンチックにさせるなど、ホラー映画の展開をトレースさせようとがんばっているのだ。このあたりは、旅行者を拷問ショーにかけて観客を喜ばせる「ホステル」っぽいのかな? と推理させる。そっからはもう、当たり前のように血だらけになって死んで行くのだが、この順当な死に方には理由がある。

 ここまでもよくある展開(※)。

 さて、「こんなに本筋書くんじゃねえよ」という意見もあろうが、途中の※印は予告編の台詞で、ここまでは最初からネタバレしているのだ。怪しい湖に行くのも当たり前、それをモニターして喜んでいる奴らも当たり前。こっからがこの映画の新展開というワケ。「トゥルーマン・ショー」的じゃん、というのなんて、頭の10分で分かるから、それを超えた展開はぜひ実際に観て、呆れてほしい。ポスターイメージでも分かる「キューブ」シリーズを観ている人は、もう少し先まで予想はできるかも。

 この映画の監督は「エイリアス」や「ロスト」、「クローバー・フィールド」の脚本家なので、J・J・エイブラムス組だ。序盤の設定を広げるだけ広げて、一気に予想外の展開にして、突っ込ませずに終了させる手法は見事。観終わったあとで「ん?」と気付かせるのがうまく、もう一度観たくなる良作です。

 この二転三転で、たったの95分。ホラー好きにはニヤリとするシーンが多いけれど、むしろ苦手な人に舞台裏のおもしろさを堪能してもらいたい。残り5分でもまだ笑える仕掛けがあるなど、制作陣の親切さを感じました(三宅)。

キャビン(字幕版)
HD版レンタル:500円、SD版レンタル:400円
iTunes Storeで映画を見る

キャビン(吹替版)
HD版レンタル:500円、SD版レンタル:400円
iTunes Storeで映画を見る

ゴーストライダー2
ゴーストライダー2

 今回チョイスしたのは、2007年に公開された「ゴーストライダー」の続編で、米国で2012年2月、日本では2013年2月に公開された「ゴーストライダー2」です。

 あまり詳しくはないですが、ゴーストライダーというのは米国でマーベル・コミックから刊行されているアメコミ。悪魔と契約を交わした主人公が、バイクに乗って罪人をやっつけるというダーティーヒーローとして活躍します。

 主人公がゴーストライダーに変身すると、顔がドクロになり炎に包まれます。バイクも炎に包まれてヘルバイクとなります。ゴーストライダーに変身すると不死身になるのはもちろん、相手を炎で焼き尽くすことが可能になります。さらに、ヘルバイクだけでなくゴーストライダーが乗った乗り物はすべて火に包まれます。なぜか壊れないけど。

 主演はニコラス・ケイジ。この人ほんといろいろな役やるなぁという印象です。WIkipediaで調べたらアメコミ好きのようなので、ゴーストライダーはかなり前向きにオファーを受けたんでしょうね。

 ストーリーは、アメコミがベースなので基本的には勧善懲悪なんですが、主人公がドクロなだけにあんまりヒーロー感はありません。とにかく相手は丸コゲになっていくだけ。一方ゴーストライダーのほうは、地中貫通爆弾であるバンカーバスターを食らっても平気です。

 1作目を見ていないからなんともいえないですが、単純なアクション映画としてみるにもちょっと疑問満載な感じ。主人公を導く黒人男性とか、主人公が敵から守る男の子の母親とか、なんでその立ち位置にいるのかよくわかりませんでした。

 何度も言いますが主人公がドクロなので、敵をやっつけたあとの爽快感はあんまり感じません(吉田)。

ゴーストライダー2(字幕版)
HD版レンタル:500円、SD版レンタル:400円
iTunes Storeで映画を見る

ゴーストライダー2(吹替版)
HD版レンタル:500円、SD版レンタル:400円
iTunes Storeで映画を見る

ゴーストライダー(字幕版)
HD版レンタル:400円、SD版レンタル:300円
iTunes Storeで映画を見る

MacPeopleはNewsstandでも配信中
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円!

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking