2013年08月27日19時30分

4Kでも遊べる『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』 ついに本日からサービス開始!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 本日27日から正式サービス、並びにソフトウェアの発売が始まる『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」(新生FFXIV)。その発売記念発表会も本日開催された。13時からは報道関係者向け、15時からは抽選により招待される200名の一般ユーザー向けという2部構成だ。編集部では報道関係者向けの発表会に参加したので、その様子をお届けします!

新生FFXIV発売記念発表会

●新生FFXIVは低スペックPCでも動く!
 スクウェア・エニックス代表取締役社長 松田洋祐氏の挨拶から始まった本発表会。その後協力パートナー各社の登壇が続き、編集部が気になったのは写真のインテル株式会社 取締役副社長 宗像義恵氏の発言だ。

新生FFXIV発売記念発表会

 「特にスクウェア・エニックス様と取り組みましたのは、私どもインテルが提唱しているウルトラブックに対応するための最適化でございます。(中略)こちらの最適化につきましては、インテルのアメリカにあります本社のラボがご協力をさせていただきました」とのこと。このあと、登壇した吉田プロデューサーも「コア2デュオですら快適で、Surfaceでも快適に動くところまで最適化を進められている」と語っていた。

●「ファイナルファンタジーというテーマパークを目指して」
 続いて新生FFXIVのプロデューサー兼ディレクター 吉田直樹氏が登壇。第一声はファンへの感謝だった。また、すでに40万人の方がプレイしているとの情報を語った。

新生FFXIV発売記念発表会

 そして吉田氏は新生FFXIVを、「正統な最新作であり、オンライン専用のMMORPGという野心的なジャンルのゲームになっています。オンライン専用となっても、ファイナルファンタジーらしく世界最高峰のゲームグラフィックス、そしてストーリー、何より最高のゲーム体験をご用意させていただきました」と紹介。

 今後の展開については、「来年予定しておりますPlayStation 4への対応、それからDirectX11への対応、4Kテレビなど、野心的にこのタイトルを発展させていこうと考えています。これからもプレイヤーの皆さんとともにファイナルファンタジーという名前のテーマパークを目指して長く運営を続けていきたいと思っております」とのこと。

●いつものFFがそこにある
 報道陣からの“一般のユーザーにとってオンラインRPGはまだじゃっかん敷居が高いと思うが、MMORPGの魅力や、新生FFXIVで伝えたい魅力はドコにあるのか?”という質問に対しては、「もしかしたら言語も違う世界中の人々と、ひとつの世界で遊べるというのがオンラインゲームの魅力でありますし、面白い部分であると同時に、逆に敷居が高く感じられてしまうポイントだと思う」としたうえで、「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼアでは、いつものファイナルファンタジーのつもりでプレイをしてください。特にゲームの序盤は一切コミュニケーションをとらずとも、いつもの家庭用ゲーム機でひとりでファイナルファンタジーをプレイしているような感覚でゲームをスタートできます」と述べた。

 また、よくオンラインRPG初心者が困るのがパーティーの結成だが、これに関しては「今回コンテンツファインダーというパーティーマッチングシステムを用意させていただいております。ですので、今回改めて若いジェネレーションの方々、オンラインゲームを未経験の方々に遊んでいただいて、徐々にオンラインゲームのすばらしさに触れていただけるゲームに仕上げました」と、未経験者でも参加しやすいゲーム性をアピール。

●信頼を取り戻すため
 ただ気になるのが、旧ファイナルファンタジーXIVをここまで全面的につくり直したのに、なぜ“XV(15)”にしなかったの? ということ。これについては、「今年でファイナルファンタジーシリーズは26年という長い歴史をもつ、世界でも有数のロングヒットタイトルです。世界中に数多くの方が愛して下さっているのがこのタイトルです。(しかし、旧FFXIVについては)スクウェア・エニックスの大きな柱の1本というタイトルが、プレイヤーの皆さんの期待に応えられない状態になっているという大きなショックを与えたタイミングでもありました」と振り返る。

 「ですので、そのタイミングでファイナルファンタジーXIVの運営を中止して、“我々は、XIVは本当に申し訳ない状態でリリースしました。ただしXVを作りましたのでどうぞこちらをプレイして下さい”と言ったとしても、“もう信用できないよ”と、それくらいプレイヤーの心理的にはダメージが大きかったと判断している」と続けた。

 そうした経緯や考えのもと、「我々スクウェア・エニックス、そしてファイナルファンタジーシリーズにおいては絶対にギブアップしないと。もう一度プレイヤーの皆さんの信頼を取り戻すために、世界でも類を見ない同名タイトルでの作り直しを、すべての情報を開示しながらここまで進めてくることで、少しずつではありますが信頼を取り戻して今日に至ると考えています」と当時の決意と、ナンバリング“XIV”への想いを語った。

●4K解像度のデモも! 展示・体験コーナー
 ここからは、会場内にあった展示物を紹介。目玉は4K解像度ディスプレーで動作する新生FFXIVで、PCにはGeForce TITANを3基搭載していた。SLI用プロファイルそのものはキャラクタークリエイト編ベンチマークから用意しており、GeForceの複数枚挿しへの最適化はすでに完了している。ハイエンドPCを自作しているユーザーにはうれしい情報だ。

 

新生FFXIV発売記念発表会
新生FFXIV発売記念発表会

 また、新生FFXIV推奨PCも勢揃い。デスクトップPCだけでなくノートPCもあった。新規に新生FFXIV用PCの購入を考えているなら推奨PCをチェックしよう。

新生FFXIV発売記念発表会

 こちらは台本で、しかもサインつき。大塚明夫さんや田中理恵さん、池田秀一さんなどそうそうたるメンバーのボイスが聞けるのもファンにはたまらない。

新生FFXIV発売記念発表会

● 渋谷ヒカリエ地下3Fでエオルゼアの世界にダイブ!
 幅15メートルもの巨大ディスプレー“エオルゼアミラー”には、ゲーム内の世界が。実は画面の前に立つと、自分の動きに合わせて画面内のキャラクターがアクションをしてくれる。 手を振ると、手を振り返して挨拶してくれた。

新生FFXIV発売記念発表会
新生FFXIV発売記念発表会

 なお、このエオルゼアミラーは8月31日まで開催(10時-22時)。近くに行ったときはゲームのキャラクターになりきって遊んじゃおう!

●新生FFXIVのお供に、8月29日発売 週刊アスキー増刊号『速くて安い!ゲームPC自作』
 これから新生FFXIVをはじめる、という人にぜひ手にとってもらいたいのが週アス自作増刊号『速くて安い!ゲームPC自作』。PCゲームには必須ともいえるグラフィックボード250機種を紹介するなど、FFXIVのためのPC自作はコレ一冊で網羅できる。もちろん、筆者による『新生FFXIV スタートアップガイド』で、オンラインRPG初心者の人もすんなりFFXIVの世界が楽しめるぞ!
 

【大好評の週アス増刊に 速くて安い!ゲームPC自作が登場!】

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking