2013年06月12日09時45分

Xbox One実機&Surface Proでグリグリ遊んでみた:E3 2013

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 いよいよ開幕したE3。早速マイクロソフトブースでXbox Oneの実機に触れてみました。歴代のXboxは“バカでかい”イメージがありましたが、これならリビングに置いても、いい意味で目立たないデザインです。

Xbox One&Surface Proでグリグリ遊んでみた:E3 2013
Xbox One&Surface Proでグリグリ遊んでみた:E3 2013 Xbox One&Surface Proでグリグリ遊んでみた:E3 2013

 

 カンファレンス時に様々なXbox One用タイトルが発表されていましたが、なかでもXbox Oneの実力がわかりそうだったのが、この『Project SPARK』。さらにWindows8版も用意されていました。

Xbox One&Surface Proでグリグリ遊んでみた:E3 2013

 このゲーム、どんなジャンルなのかいまいちよくわかりませんが、自分でマップやモンスターの配置して遊ぶ箱庭系アクションゲームといえそうです。「RPGのようにデザインすることも、FPSのようにデザインすることも可能だ」と係員が説明してくれました。

 

Xbox One&Surface Proでグリグリ遊んでみた:E3 2013 Xbox One&Surface Proでグリグリ遊んでみた:E3 2013 Xbox One&Surface Proでグリグリ遊んでみた:E3 2013

 写真のように、様々ツールを使って世界をつくっていくのですが、リアルタイムで地面が隆起したり、なぞるだけで植物が次々に生えてくる様子は、Xbox Oneの処理性能のなせるワザなのでしょう。

 

Xbox One&Surface Proでグリグリ遊んでみた:E3 2013

 Windows版は、先日日本でも発売されたばかりの『Surface Pro』上で動作しています。画面に落書きするようになぞるだけで、Xbox Oneと同様に世界をつくることができます。タッチ操作は、Xbox Oneでコントローラーを使って操作するのと比べるとやや引っかかりを感じるものの、レスポンスは上々です。

 

Xbox One&Surface Proでグリグリ遊んでみた:E3 2013

 “映像美”を見せつけてくれたのが、Xbox One独占タイトルの『Ryse Son of Rome』。屈強な男たちが攻城するシーンをプレーできたのですが、今までのゲームだと、ドラマチックなシーンはプリレンダリングムービーで、実際に操作するときにクオリティーとは異なり、切り替わったことがわかってしまうゲームがほとんどです。Ryseでは演出シーンとゲーム画面の切り替わりが感じられないほど、ゲーム中のグラフィックが美しかったのが印象的でした。

 

Xbox One&Surface Proでグリグリ遊んでみた:E3 2013

 『Forza Motorsport 5』の実車も展示されていました。この写真のように、ボンネット周りに光が反射している様子が、後ろのスクリーンの映像でもかなりうまく再現できているのではないでしょうか。

Xbox One&Surface Proでグリグリ遊んでみた:E3 2013

 イチバン人気は格闘ゲームの『Killer Instinct』。約10年ぶりとのことで、アケコンでガチャガチャと堪能してきました。

 

Xbox One&Surface Proでグリグリ遊んでみた:E3 2013

 Xbox 360用の『Diablo III』も遊べました。普段マウス&キーボードで操作するPC版で遊んでいるので、コントローラーに置き換わると、なぜかわかりませんが“ハクスラ感ぽくないなー”という感想です。完全に好みの問題ですが……

 

Xbox One&Surface Proでグリグリ遊んでみた:E3 2013

 今年のE3で勢いを感じるパブリッシャーがWargamingです。F2P(基本プレー無料)の対戦タンクゲーム『World of Tanks:Xbox 360 Edition』。

 新機能のストリーミング機能や録画機能についてはブース内でのデモはありませんでした。引き続きチェックしていきたいと思います。

Xbox One&Surface Proでグリグリ遊んでみた:E3 2013

 

●関連サイト
Xbox公式サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking