2013年05月31日21時30分

iPhoneでデジタル一眼カメラのシャッター操作ができるBluetoothデバイス

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 iPhoneからワイヤレスで、デジタル一眼カメラのシャッター操作ができるアダプター。iPhoneとはBluetooth経由、カメラとはレリーズケーブル(別売り)と接続することで通信可能。シャッター操作には専用アプリ「SmartTrigger App」を利用し、アプリを起動して画面をタッチするだけでシャッターが切れる仕組みになっている。

 リモート撮影以外にも、指定した秒数後にシャッターを切る「タイマー撮影」や、被写体のジャンプを感知して自動でシャッターを切る「ジャンプ撮影」、指定間隔で連続撮影した写真でタイムラプス動画の作成も可能だ。

SmartTrigger
SmartTrigger

 大幅に省電力化されたBluetooth 4.0規格を採用したことで、単4電池1本でも約3万回の撮影が行なえる。

SmartTrigger

 最新バージョンの専用iOSアプリでは、新たにiPhoneカメラのリモート撮影が可能。iPhoneの操作には専用ケーブルは不要で、ペアリングしたSmartTriggerのボタンを押すだけで撮影が行なえる。

SmartTrigger

 ポケットに収まるコンパクトサイズのため、カメラと一緒に気軽に持ち歩ける。

SmartTrigger

 さらに詳細なスペック&オンライン購入はこちらでどうぞ(品切れてしまったらすみません)。

AppStore アプリをダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking