2013年05月13日22時30分

漆塗から話題の12万円モデルまで~ 春のヘッドホン祭へ行ってきた

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 スタジアムプレイス青山で5月11日、フジヤエービックデジタルスタイルショップ主催『春のヘッドホン祭2013』が開催。ポスターは”ヘッドフォンと音楽つなぐ ハートフル・ガールズ・ストーリー♪”でお馴染み『天色くろすおーばー』(アスキー・メディアワークス刊『月コミック電撃大王』)、藤枝雅先生だった!

20130513aikawa001
(C)MIYABI FUJIEDA/ASCII MEDIA WORKS

 新モデル、話題のモデルがズラリと並べられた会場は熱気にあふれ、自身のプレーヤーで試聴するオーディオファンで大盛り上がり。会場で気になった新製品をいくつか紹介する。まずCAV JAPANのブース。ファッション性とサウンドの両立で人気急上昇中のSOULから未発表モデル“LOOP”を参考展示。きし麺タイプのポップな蛍光カラーのコードは本体から取り外しができ便利。まもなく発表予定とのこと。

20130513aikawa002

 続いて先日発表会を開催したJVCケンウッド。『HA-SZ2000』をはじめ新作を一挙に展示。原音の再生を追求したこだわりの1台のサウンドに来場者たちが聴き入っていた。

20130513AIKAWA

 FOSTEXブースでは話題の漆塗の高級ヘッドホンを発見。そして『TE-03』の後継機種『TE-05』も参考展示していた。

20130513aikawa004 20130513aikawa005

 50centが設立したメーカーSMSAUDIOのヘッドホンも展示。ビビットなカラーリングに太めのケーブルが特徴。イヤホンタイプもある。ファッショナブルな外見のため、現在の見た目重視傾向にあるヘッドホンの台風の目になりそうな予感。

20130513aikawa006-1 20130513aikawa006-2

 JabraブースではDOLBYとの共同でアプリを開発し、広がりのあるサウンドで人気の『Jabra REVO』シリーズを展示。アプリとの連携でサウンドを向上させる部分で力を入れ、他製品と差別化されている。

20130513aikawa007

 レトロなカラーリングで目を引いたのが『URBANEARS』。本体からケーブルまでカラーを統一し、全体で主張する印象。価格もヘッドホンで7000円前後と手ごろ。

20130513aikawa008

 テックウインドからは『Westone Adventure Series ALPHA』を展示。フィット感が抜群で、低音も広がりがあり、心地いいサウンドだった。6月発売予定で予想実売価格2万5000円前後。

 

20130513aikawa009

 日立マクセルでは、複数ドライバーを搭載しながらも1万円以下というお手ごろ価格で人気の『DBA700』や『DD600』を展示。それぞれ聴き比べができ、ドライバーが増えるごとに低音に深みが出るのを耳で感じることができた。

20130513aikawa010

 ハーマンインターナショナルは、既存の『kardon』シリーズや、高価格帯とその音質の良さで話題となったAKGの『K3003』を展示。

20130513aikawa011

 フランスのメーカーFocalからは『Focal Spirit One』。洗練されたデザインと、深みのあるレッドが印象的。ブラックモデルもある。価格は3万3000円前後。

20130513aikawa012

 ゼンハイザージャパンからは『ハイオハザード リベレーションズ』の公式ライセンスモデル『U 320 BIO HAZARD』が登場。深いメタリックブルーと掛けると驚くほど臨場感のあるサウンドで、ゲームへの没入感が感じられるモデルだった。

20130513aikawa013

 完実電気はMONSTERの『DNA』新色やニックキャノン監修の『N-PLUSE』を展示。

20130513aikawa014

 スポーツタイプのイヤホンも今回注目すべきアイテムが多数。マラソンユーザーに絶大の人気を誇るDENONの『EXERCISE FREAK』に新色のピンクが登場。女性向けカラーが加わった。

20130413aikawa015

 そしてパイオニアからは耳に掛けたときの安定性が抜群で低音が心地よいのX-SPORTS対応モデル『SE-E751』を展示していた。実際に装着したところ、フィット感があるため、スポーツ用ながら音がクリアで日常使いにもおススメだ。

20130513aikawa016

 ロジクールのイヤホンブランド『Ultimate Ears』ブースには先日発表されたばかりのスピーカーをはじめ、各種ヘッドホンがズラリ。

20130513aikawa017

 5月9日に発表され、来場者が殺到していたのがSHUREのブース。予想実売価格12万円の『SE846の』試聴に整理券が配布され、常に長蛇の列だった。

20130513aikawa018

 ソニーやオーディオテクニカブースでは、低音重視のアイテムが多数ならべられ、現在のオーディオユーザーの嗜好と傾向を垣間見ることができた。

20130513aikawa019 20130513aikawa020

 これから発売される製品と新発売、そして各社イチオシの製品が並んだ春のヘッドホン祭2013。ユーザーの音へのこだわりが会場中に充満しており、市場がまだまだ伸びる期待をせずにはいられなかった。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking