2013年05月08日12時00分

世界一なにもないラオスの首都でスマホショップ巡り

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 ゴールデンウィークも終了しちゃいましたね。海外旅行先でプリペイドスマートフォン買ってウハウハ楽しんできた人も多いのではないでしょうか? 筆者はちょっとのんびりしたくなって、東南アジアにあるラオスの首都、ビエンチャンへ行ってきました。

「世界一なにもない首都」と言われるビエンチャン
ラオスの首都ビエンチャンでのんびりスマホ生活

 ビエンチャンの情報をネットで調べると「とにかくなんにもない」、「お寺ばかりでお店が少ない」、「エスカレーターに乗るのに苦労する人がいる」などなど、一国の首都とは思えない情報ばかりが入ってきます。でもSIMカードは買いやすいらしいし、街なかに入ってみるとあちこちに携帯電話のアンテナが立っています。モバイル環境は悪くないんじゃないのかな?

唯一の大型ショッピングモールも小さい
ラオスの首都ビエンチャンでのんびりスマホ生活

 ビエンチャンでもっとも大きいショッピングモールが“タラートサオ”。ここは新館と旧館の2つがありますが、フロアは3階建てでお店の数もあまり多くありません。でもここの一角に携帯屋が密集しているのでモバイラーならぜひ立ち寄りたいところ。というかここ以外にまとまってお店があるところはほかにないんですけどね。

まともな端末はあまり売ってない
ラオスの首都ビエンチャンでのんびりスマホ生活

 そこには携帯を売っているお店が20店舗くらい入っています。でも扱っている商品を見るとほとんどが中華系の怪しいフィーチャーフォン。ノキアやサムスンのロゴの入った製品もあります。もちろん正規のノキアやサムスン端末もあるのですけど、ここで買おうとは思えない雰囲気。クレジットカードはもちろん使えません。

ここでiPhoneを買うのは勇気がいるなあ
ラオスの首都ビエンチャンでのんびりスマホ生活

 なかにはアップル専門店らしきお店もあります。モノはちゃんとしたものらしいのですが、数万円もするものをここで買うのはちょっとためらっちゃいますねぇ。SIMロックフリーとはいえ、iPhoneを買うなら素直にほかの国へ行ったほうがいいでしょう。

各キャリアが“イエデンワ”を発売中
ラオスの首都ビエンチャンでのんびりスマホ生活

 また目立っていたのが“イエデンワ”。いずれもGSM方式に対応しており、各キャリアがそれぞれ販売していました。SIMロックがかかっているので価格は20万キップ前後(2500円くらい)。ラオスじゃ珍しくもなんともない製品なんですねぇ。お土産にいかがでしょうか?

SIMカードは自由自在に買える
ラオスの首都ビエンチャンでのんびりスマホ生活

 一方SIMカードは携帯屋のどこでも売っています。大体SIMカードが2万から3万ラオス・キップ(300~400円くらい)。これにお金をチャージして使います。もちろん3Gもデータ通信も問題なく利用可能。使い方の詳細はこちらの記事が参考になります。てなことでラオスでは端末は買わずにSIMだけ買うのがいいのかも。

【SIMフリースマホと27日間世界一周 3】ラオスの屋台はまぼろしと消えた

中国マーケットにも行ってみた
ラオスの首都ビエンチャンでのんびりスマホ生活

 しかし唯一の大型ショッピングモールの状況がこれでは街なかの携帯屋の品揃えも想像できるってもの。では郊外にある中国からの輸入品を扱うマーケットならもっといろいろな携帯やスマートフォンが売っているかもしれません。郊外といっても空港のそば。市内から10分ほどの場所にあるのがその“三江国際商城”というマーケット。そこには携帯専門の建屋もありました。プレハブですけどね……。

品揃えはやっぱり同じだった
ラオスの首都ビエンチャンでのんびりスマホ生活

 期待に胸を膨らませてなかに入ってみたのですが、お店の数は10数軒。並んでいるのはやっぱりニセモノ系がメイン。正規品もあるのですけど種類は数えるほどしかありません。うーん、ドバイで行った中国モールは巨大だったし面白い製品がいろいろあったんだけど、ビエンチャンではこの程度が限界なんでしょうか。なお楽しかったドバイの状況は以下の記事でご覧ください。

ドバイの“ドラゴン・マート”で怪しいスマホを探せ!

こんな立派な家電店を発見!
ラオスの首都ビエンチャンでのんびりスマホ生活

 さてほかにめぼしいショッピングゾーンがないビエンチャン。ホテルに戻ってからショッピングモール“タラートサオ”あたりを適当に歩き回ったところ、“K PLAZA”というお店を発見。名前と広告から“K”はKoreaの略ということで、サムスンとLGの製品をメインに扱うお店のようです。高級車で乗りつけるお客さんもいるなど、ここはいままで行ったショッピングエリアとはかなり異なる場所みたいだぞ。

クレジットカードも日本語もOKだとぉ?
ラオスの首都ビエンチャンでのんびりスマホ生活

 階段を上がってお店に入ろうとすると、入り口には「日本語できます」って看板が。マジですか? しかも各種クレジットカードのステッカーが。ビエンチャンに来てひさしぶりに見たよ君たち! 店内を見るとほかの国ではフツーにある家電店なのでしょうが、ここビエンチャンで見るとまるで別の世界に来たような錯覚を覚えます。

GALAXY S4売ってる! ホンモノだ
ラオスの首都ビエンチャンでのんびりスマホ生活

 携帯電話はサムスンのスマートフォンが最上位機種も含め広いテーブルに実機を多数展示。訪問したのは5月1日ですが、GALAXY S4もオクタコア3G版のラオス正規品が売られているじゃーありませんか。ちなみにお値段は540万キップ(約7万円)でした。ビエンチャンでまともな製品を買いたかったらここに来るのがベストかもしれませんねえ。

ここは携帯ストリートのようです
ラオスの首都ビエンチャンでのんびりスマホ生活

 場所はタラートサオを、携帯屋の入っている裏側から出て、目の前のバスターミナルとの間の大通りを北上し、ドランパン通りに当たったら右折してすぐです。このK PLAZAの先にはちらほらと携帯屋があるので、ここがビエンチャンの携帯ストリートなのかも。ま、道沿いの携帯屋の品揃えはほかと変わらないので期待しちゃだめよ。

ノ、ノキア! 巨大看板に卒倒しちゃう
ラオスの首都ビエンチャンでのんびりスマホ生活

 そのドランパン通りをしばらく行くと、突如巨大なノキアの看板が見えてきます! これはラオスのノキア正規代理店“LTH”社の倉庫とカスタマーセンターらしいです。最近は海外でもノキアの広告を見かける機会が減っちゃいましたが、ここまでデカイのを見るのはひさしぶりな気がします。ノキアマニアはビエンチャンに行ったらここで記念撮影は必須です!

のんびりできるのに電波はバリ3なビエンチャン
ラオスの首都ビエンチャンでのんびりスマホ生活

 とまぁなにもないようでそれなりになにかがあったビエンチャン滞在でした。スマートフォンの買い物はイマイチですが、街なかの3Gの電波の入りはよくネット環境は悪くありません。「日々の生活にちょっと疲れて現実逃避したいなー、でもスマートフォンは旅先でもちゃんと使いたいよなー」なんて人はビエンチャンに行くといいかもしれませんよ。

山根康宏さんのオフィシャルサイト
香港携帯情報局

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking